ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし
秋明菊・石垣・竹垣
*10月 秋明菊と石垣・竹垣*

ふたりで作った在来工法
ほぼセルフビルドの家で、
自分の思い通りにはならない
自然の恵みと厳しさに振り回されながら、
あるものを生かしたり、
自分で作ったりして
試行錯誤・創意工夫の生活を綴ってます。
まだまだつくるものがいっぱい。

9月29日にはすでに初霜が降り、
寒さを感じる標高1000mの10月。
薪ストーブの季節がやってきました。
氷も張るほどの寒さが、
今月末にはやってくるので、
そろそろ冬支度を意識しないと。

北庭では秋明菊が咲いています。
石垣に枝垂れてなかなかいい風情。
中央後方の竹垣の中は、バスコートです。

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
*はじめに サイトプロフィール*

初めての方はこちらをお読みいただけると幸いです
読み逃げ、過去ログへのコメント、拍手のみも大歓迎です。
リンクフリーですので、どうぞご自由にお持ちください。
 くるみ平は架空の地名で、具体的な居住地は伏せております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

このサイトは、コンテンツブログ の2部構成になっています。
コンテンツは、ブログからピックアップしたものを、まとめてあります。

>>サイトプロフィールの続きを読む
【コンテンツ更新情報】
2014.8.7 竹工藝細工にござ目編みの竹籠 追加
2013.12.20 竹工藝細工に米研ぎザル 追加
2013.12.9 暮らしにジビエ・鹿肉料理 追加
2013.8.11 竹工藝細工に網代編みのおむすび入れ 追加
2012.11.16 竹工藝細工に網代編みの小籠 追加
2012.5.2 竹工藝細工に六つ目のバスケット&修理品 追加
2011.9.17 竹工藝細工に亀甲ざる 追加
2010.10.25 竹工藝細工に山鹿かご 追加
2009.9.4 セルフビルドの家コンテンツ>施工の様子 に『セルフビルドの費用 』 追加
2009.7.30 セルフビルドの家コンテンツ>施工の様子 に『現実のセルフビルド 』 追加
2009.7.9 暮らしコンテンツ に『田舎暮らしあれこれ』 追加
2008年9月に楽天ブログから、移行。

■■コンテンツインデックス■■画像やタイトルからそれぞれの目次へ。
セルフビルドの家目次へ

家本体、インテリア、デッキ、雨水タンク、ビオトープ、石垣など、セルフビルドあれこれ。

猫目次へ

のべ6匹猫たちのプロフィールやアルバム、お出かけ日記、動画。現在は黒猫2匹と長毛猫1匹。

暮らし目次へ

極力お金をかけず、直す、作るがモットー。畑、薪ストーブのある半年間は冬の高原での暮らし。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
セルフビルドについて
一応設計事務所勤務経験ありの二級建築士で現場を知っていたため、セルフビルドで家をつくるなんて無理っ!という私と、夢いっぱいの太郎と…修羅場の家づくりだったことを最初にお断りしておきます。家のセルフビルドとなると、内装のリフォームや物置小屋のDIYとは大きく違い、構造の安全性や法規などが重要になってきます。また、つくり始めたら途中で投げ出せない、やり直しがきかないことも多いため、結構キツイです。苦労に見合った満足感は味わえますが、そこへ至るまでには、かな~り遠い道のりでした。
詳しくはコンテンツのセルフビルド施工の『参考になった本』以下の記事や、ブログカテゴリのセルフビルドの現実をのぞいてみてください。
現在は施工に関するエントリーは未公開です。こちらをお読み下さい。
■■ここからブログ■■高原はまるで異国。全然違う暮らしをせざるを得ない~   

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2017年 10月 23日 (月) 12:20 | 編集
ギャラリー蝸牛1階

日曜日は、木曽の上松のギャラリー蝸牛に行ってきました。
竹工芸の飯島正章氏、卵殻細工の泉健太郎氏、 漆絵の瀬尾 誠氏、
の3名によるコラボによる展示会です。
2015年のvol.2では、卵殻細工の帯留めを購入したました。
ちなみにこの帯留めはよく使ってます。

三手三様 vol.3 帯留め・アクセサリー
上・漆に下・卵殻、のアクセサリー、

ブローチ、しおり
上は竹と螺鈿のしおりに、下は漆のブローチ


三手三様 vol.3 瀬尾さん
瀬尾さんアクセサリー

瀬尾氏漆
瀬尾さん

網代香合
飯島さん 香合
まるでマカロンかビスケットかという手のひらサイズ。
細かい仕事にうっとり。

花枡網代
飯島さん花枡網代
この花枡網代は特に織物みたいで惹かれました。


日  時  10月21日(土)- 10月31日(火) 
      10時30分~17時  (店休25日(水))
詳しくはオフィシャルをチェックしてみてください。
      
2017年 10月 17日 (火) 12:05 | 編集
2017ナツツバキ紅葉

今年は紅葉が早いです。
冬の寒さの後、夏の暑さになり、また寒くなっているので、
寒暖の差の激しさで、今年の紅葉は綺麗になりそうな予感。
とりあえず、我が家のナツツバキはいい感じです。

2017イワシャジン
一昨年、イワシャジンを株分けしたのですが、
去年咲かなかった元株が今年は咲いてくれて一安心。
分けた方の株は、消えちゃいました(涙)

2017原種シクラメン・ヘデリフォリウム
原種シクラメン・ヘデリフォリウム。
なかなか綺麗に咲かなくてやきもきしていたのですが、
今年はよく咲いてくれています。
少し前が盛りで、今はもう終わりかけです。
球根で着々と増えているようでうれしい。

イワシャジンもシクラメンも、2013年に植えたものです。
根付いた宿根草が増えてきたので、
数年前から、苗を買うことが減りました。
宿根草も、施肥に株分けや剪定、増えすぎたら処分など、
手入れは必要なので、ラクかというとそうでもない。
なんだかバタバタしていて、庭の手入れができないんだけれど、
冬前にどこまでできるかなぁ?

2017年 10月 14日 (土) 12:06 | 編集
水曜日は松本で飲み会があったので1泊しました。
10月半ばだというのに、最高気温29℃で暑い!!!!
スマイルホテルに宿泊したのですが、
空調がセントラルヒーティングの暖房しかない(滝汗)
部屋は1階だったので、窓を開けて寝るのもどうかと思ったけれど、
暑くてとてもじゃないけど眠れなかったわー。

せっかくの機会なのでイオンモールに行ったけど、
やっぱりこういうモールには欲しいものはなかったのでした。
でも、そこいらのイオンモールとは違って、
観光客が土産買えるような店もあって、よかったと思う。
無印良品もパルコ店との差別化がされてていい感じ。
で、結局松本に1泊2日で行って買ったのは、
ポンヌフのパンとマサムラのベビーシューのみ(汗)

そして木曜からは連日雨っぽくって、今度は寒い。
薪ストーブは、ちょっと肌寒い時の調節が難しいのです。
ボケーっとしてると火が消えてます。とほほ。

10月の薪ストーブ前

朝、薪ストーブ前のロッキングチェアでちょっとメールチェックしてたら、
即座に小夏が膝にきました。
この子ってば、いつも膝を抱え込みます。
メールチェックは終わったから、新聞読みたいのに動けないー。
小夏をどかして、ラグの上で新聞読み始めたら、今度は新聞の上に。
ネルも良くくっついてくるけれど、小夏もです。
かわいいけどちょっと邪魔なのよねぇ。
メス猫ってあっさりした子が多いかと思ってたら、小夏は違ったわ。
もうちょっと大人になったら落ち着くのかしら。

2017年 10月 03日 (火) 12:03 | 編集
秋明菊・石垣・竹垣

9月29日にはすでに初霜が降り、
寒さを感じる標高1000mの10月。
薪ストーブの季節がやってきました。
氷も張るほどの寒さが、
今月末にはやってくるので、
そろそろ冬支度を意識しないと。

北庭では秋明菊が咲いています。
石垣に枝垂れてなかなかいい風情。
中央後方の竹垣の中は、バスコートです。

***
トップページ画像を差し替えました。
秋明菊は、他に薄いピンクと白も植えたのですが、
残ったのはこの濃いピンクだけです。
好きな花なのですが、地下茎でやたら増えるのが厄介で、
毎年抜いて管理しています。
例年なら支柱をするのですが、今年は時間がなくてそのまま。
風雨で倒れてしまい、平らな場所では地べたですが、
石垣沿いではしだれて、これはこれでいいかも。

ホトトギス
ホトトギスも咲いています。
いただいたヤマアジサイのポット苗に、
くっついてたものです。
本体のヤマアジサイは枯れて、
ホトトギスだけが残って増えています。

私は留守でしたが、9月29日には初霜が降りたようです。
太郎によると、雑草のハキダメギクが霜で黒くなったそう。
最低最高気温計を確認すると、最低気温は4℃。
大抵10月の月末に、初霜&初氷なので、かなり早いです。
軽い霜だったので、野菜は無事。
ここ6日ほどは実家に戻っていたのですが、
こちらに帰宅したら寒いこと寒いこと。
新所沢のゼーホフ工房で、ウィンナーとドイツビールを買ってきたのですが、
寒くてビールどころではないので、薪ストーブを焚きました。

ゼーホフ工房は駅から離れているので、
車の時じゃないと寄れませんが、美味しいんだこれが。
ランチも美味しくてコスパ良し。
スタッフの人たちも、感じ良くてお気に入りの店です。

2017年 09月 25日 (月) 16:56 | 編集
人生初、自分で選んで冷蔵庫を買いました。
新卒で信州へ就職するときに、
母に家電製品は一通り買ってもらいました。
最初の冷蔵庫は200Lとかだったと思う。
その後、今の家に住み始めてからは、
ご近所さんに、255Lのお古の冷蔵庫をもらいました。
一升瓶が入るので、便利なのですよ。

買いだめしないようにと小さな冷蔵庫でやってきましたが、
畑もやり、保存食をつくるようになると、
さすがに小さな冷蔵庫では間に合いません。
しかもメロンとかスイカとか玉でいただくんですが、
入らないっちゅーの。
何年も前から冷蔵庫を探していましたが、
唯一の条件は、「一升瓶が入ること」です。
生酒が好きなので、そこは外したくなかったのですが、
そんな冷蔵庫は一向に売り出される気配がありません。
仕方がないので、普通の冷蔵庫を買いました。

実家の冷蔵庫がパナソニックで使いやすそうなので、
パナで探していましたが、
店頭で見た三菱は容量も大きいわりに、消費電力はパナより少なく、
我が家にぴったりな感じだったので選びました。
改めて見てみると、冷蔵庫って高いんですねー。
値引き前の元の値段を見てびっくり。
容量は、255Lから455Lへと178%まで増え、
消費電力は、400kWh から255kWhと64%まで減りました。

これで、収穫できた野菜を入れるところがない!
(人にあげるにしても収穫後冷蔵しないと無理)
調理済みの保存食を冷凍するスペースがない!
毎晩氷を使う太郎が、水を張ってくれないので、
使いたいときに氷がない!(怒)
というストレスから解放されそうです。

ネットショップもチェックしたけど、送料無料じゃなかったり、
保証が別料金だったりしたので、
街のヤマダ電機で買いました。
安くなかったけれど、新製品が出て在庫が少ないので、
安い店を調べているうちに、高くなる可能性もあるわけで、
買い時がちょっと難しかったかな。
そもそも今は忙しすぎて、
底値になるのをこまめにチェックしている暇はない〜。
アフェリ貼ろうと思ったら、私が買った値段より安い。とほほ。
こればっかりはしょうがないねー。


2017年 09月 15日 (金) 10:06 | 編集
昨日昼は実家所沢付近にいましたが、
最高気温は30℃越えで暑い!!
蝉は鳴いているし、秋という気分ではありません。
その日の夜に、くるみ平に戻ったら今度は寒い〜!
今朝の最低気温に至っては10℃。
18時間ほどの間に気温差20℃です。
この気温差のせいなのか、何かしら雑草の花粉なのか、
今朝は久々にアレルギー症状が出てしまって、
目のかゆみと、くしゃみ鼻水で大変です(汗)

元々アレルギー体質で、喘息や鼻炎、アトピー、花粉症に
子供の頃から悩まされてきましたが、
食生活や住環境の改善でここ数年はどれも良くなって、
ほとんどアレルギー症状が出ていなかったので、我ながらびっくり。
ティッシュが手放せません。

そして朝食時、太郎の同僚からの電話で北朝鮮のミサイル発射を知りました。
慌ててテレビをつけて、ネットでチェックして、
状況に問題ないであろうと判断してから、太郎は出社しました。
基本的に我が家は、情報源としてはテレビは見ません。
私がテレビで見るのは BSの海外ドラマくらいです。
だから、民放のコマーシャルや話題の芸能人なんてのも全く知りません。

実家では、父が1日中テレビがつけているのですが、
情報の量や質を全く選べないので、かなりイラつきました。
朝・昼・夕方・晩と1日4回は全く同じ原稿でニュースが読まれます。
その合間にはワイドショーで同じニュースの解説や、
ご意見番の見解が垂れ流しにされます。
たった1つの事件が、洗脳のように刷り込まれます。
そりゃー不安になりますよ。物騒になった、世知辛い世の中だ、
となるでしょうよ。
父はテレビを見ながら、私に今の世の中を解説し、愚痴り、文句を言い、
バカだのクソだのと口にします。本当に気分が悪い。
元々そういう批判的な要素はあったものの、優しい父だったのになー。
テレビを見続けることが、ここまで人を変えるのか。
”世知辛い世の中””悪いことばかり”へのバイアスが働いて、
冷静な判断ができるようには見えません。

私は新聞は毎日読み、ネットサーフィンをして情報収集してます。
情報量が多すぎるとパンクするだけなので、私は文字だけで十分です。
こうして情報の質と量をコントロールすることで、
自分にできることをコツコツやるのみ、
という気持ちになり、心の安定が図れます。
元々心配性なので、あれこれ考えすぎて不安になると、
精神衛生上良くないし、結局は冷静な判断や行動ができなくなります。

北朝鮮のミサイル問題も、情報収集は必要としても、
私たちにできることってまずないような気がするんですが。
それに対して過剰に不安になったり腹を立てても意味がないというか。
北朝鮮のミサイルで死ぬ確率より、交通事故に遭う確率のほうが高い(汗)
なので、毎朝、太郎が出社するときはご無事でお戻り下さいと、
太郎の車が見えなくなるまで手を振って見送ってます。
10年以上続けてるかなぁ。
人はいつ何があるかわからんでねー。天災、人災、戦争、事故、病。
ある程度リスクを下げることはできたとしても、
自分や自分の大事な人に何が起こるかは選べない(汗)
だからこそささやかな日常がありがたく感じます。

で、この日常を守ろうと思ったら、大事なのは家族やご近所さん、
友人たちとの関係だと思っています。
社会全体や政治、ましてや他国にまで思いを馳せると、
憤りと不安とやるせなさと無力感で、
できることもできなくなってしまいます。
情報の質と量のコントロールは、私には必須です。

2017年 09月 11日 (月) 22:24 | 編集
目覚めのヒトコマ

朝目覚めて、目に入った風景がこれ。
太郎モテモテ。
猫たちは幸せそうだし、
これを見た私も、幸福感に満たされたけど、
太郎は安眠出来ているのでしょーか。

2017年 09月 05日 (火) 12:05 | 編集
えー、久々にアニメ話です。
松本市美術館で、山本二三展を9月18日までやっているので、
太郎と行ってきました。
珍しく太郎からのお誘いです。デートだデート。
山本二三といえば、ジブリの背景で有名みたいです。
ラピュタ、もののけ姫の背景といえば、
アニメ好きじゃなくてもイメージが湧くかと思います。
二三雲という、美しい雲を描く美術監督なんですって。

しょっぱなから、未来少年コナンの背景があったので、
あわてて戻って音声ガイドを借りました。
太郎が未来少年コナンが大好きで、
DVDを揃えているくらいなのです。
私は、1978年当時、コナンが好きじゃなくて、
リアルタイムでは見ていなかったのですが、
(当時の私は、松本零士アニメ好き)
35歳過ぎて見てみたら、これが面白いのよ。
コナンはおすすめです。今の子供が見ても面白いんじゃないかな。
ちなみに、宮崎駿の初監督作品です。

未来少年コナンの背景は2枚のみだったのですが、
太郎はそのうちの1枚のギガントのコックピットを見て、
帰宅後すぐにその背景のあるDVDを出して見なおしてました。
どの話数かすぐ分かるって所がオタクだわー。
展示してあった背景だ!!!二三雲だ〜!!!
と二人で大興奮。
アラフィフ夫婦でアニメで盛り上がれるって(爆)



copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.