春がきた・屋根の塗装準備 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし春がきた・屋根の塗装準備

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2017年 04月 18日 (火) 12:21 | 編集
2017春西庭


2017春西庭

西庭の早咲き球根が咲きそろってきて、春らしくなりました。
自然の植生では、やっとコブシがほころんできました。
今朝、ウグイスも鳴き始めましたよ。
水仙やチューリップはまだですが、結構賑やか。
鹿に齧られるので、夜は不織布をかけて守ってます。
先週は氷点下3度でしたし、まだ1ヶ月近くは油断できませんが、
気持ちの良い季節の始まりです。
雑草取りなどの庭仕事の始まりでもありますが(汗)

屋根の掃除

屋根の掃除

太郎のこの春の仕事は、ガルバリウムの屋根の塗り替えです。
建前から16年経ったので、さすがにいい頃合いです。
高原は夜露が降りるので、屋根の塗装は時間的な制約があって大変です。
今時期なら、午後1、2時には作業を終えないといけないそうです。
乾燥前に夜露がつくと白化するんですって。
夏は暑い上にやはり夜露は降りるし、
秋は秋で、カラマツの葉のシャワーがあるので、
屋根の塗装をしようと思うとなかなか難しいものがあります。

とりあえず、この日はエアーで吹いてから高圧洗浄機で掃除してました。
カラマツの葉が挟まって大変みたい。
我が家は屋根のメンテナンスがしやすいように、
屋根勾配を4寸5分に抑えてます。5寸勾配だとちょっと怖い。
4寸ならいいんでしょうが、
模型を作ったらデザイン的にイマイチだったという。
4寸5分でも事故が心配ですが、太郎も安全対策を考えているようです。
妻があれこれうるさく言うと喧嘩になるから任せてます。

形状もシンプルな切妻です。
何しろ、作るのもメンテナンスも自分たちとなると、
それを見越した設計をしないと、後々困るからねー。
この家には50年は住むかもしれないので、
こまめなメンテナンスを実施してるわけですが、
設計段階からそれを考慮しておいて大正解でした。

毎年の、カラマツの葉の掃除と煙突掃除も楽勝です。
太郎は、なんでもできてすごい、と人から言われますが、
やはり自分たちでメンテできる設計になってなかったら無理です。
外注するにしても、経費が抑えられる設計ということでもあります。
家って本当に建てて終わりじゃなくて、お金も手間もかかるからねぇ。
それを知ってるので持ち家に抵抗あったし、
メンテナンスせずに2、30年で建て替える人がいるのもわかる。
でもねー。私はきちんと手をかけられた古い家の居心地のよさが好きだし、
太郎もそう思っているようなので、ふたりでボチボチやってます。

Comment
この記事へのコメント
わ〜 屋根の上、見ているだけで(写真上で!)クラクラします〜 太郎さん素敵〜 頑張って〜〜  本当に家って手入れが入りますよね。うちは石だから外回りは手入れしなくても大丈夫だけれど(屋根の水漏れがあるともちろんしないとダメだけれど)アレヤコレヤと色々とするべきことが絶え間なくあります。 できることは自分たちでしていかないと・・・ですね。 
よく考えられて作られたお家だからこそ、 そうしてメインテナンスも続けられてすごいです。
2017/ 04/ 20 (木) 04: 34: 26 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
我が家は柱を短くしてるので、これでも高さは普通の家より低いのですよ。
ふたりとも申年なので、高いところはわりと平気です。
本当に家仕事って、するべきことが絶え間なくありますよね。
畑に保存食に庭仕事に。
設計はかなり考えたのですが、唯一考えてなかったのは食品庫です。
保存食を作る生活なんて想像してなかったんだもの。
2017/ 04/ 21 (金) 21: 29: 37 | URL | Saki # -[ 編集 ]
こんばんは
ご無沙汰しております。トパーズくんの保護主のあくびです。五郎蔵くんが天に帰られたと、久しぶりに訪問して知りました。あまりの存在なので、お寂しいでしょうが、幸せな猫生をご家族で送られて、きっと彼は幸せいっぱいですよね。日記拝見しててもその姿に癒されていました。ありがとう、五郎蔵くん。もしよろしかったら、五郎蔵くんの代わりにはならないですが、またウチの保護子猫貰って頂けませんか? ご縁があれば。。
2017/ 04/ 22 (土) 22: 29: 02 | URL | akubinohituji # -[ 編集 ]
あくびのひつじさんへ
お久しぶりですー。トパーズ元気ですよ。
五郎蔵が亡くなって、仲良しだったトパーズが孤立しそうだったので、
現在ケージでネルと同居中です。
トパーズは、ケージの中の方がリラックスしてて、
2匹でくっついて寝てるのでホッとしてます。

保護猫は、五郎蔵がなくなる前にお迎えしてしまいました。
三毛猫の小夏です。
定員3匹なので、ネル、トパーズ、小夏で埋まってます。残念です。
また機会がありましたらその時に。
2017/ 04/ 23 (日) 10: 15: 28 | URL | Saki # -[ 編集 ]
ありがとうございます
こんばんは。お返事ありがとうございました。そうですか、トパーズくんはネルくんとケージでリハビリ中ですか。2匹で五郎蔵くんの思い出話とかしてるのかもしれませんね。

小夏ちゃん、紅一点でほんとに可愛いですよね! しかも華やかな三毛。三毛ちゃんはとにかく頭がいいですから。最近甲府や長野に行く用事があるので、ふとご縁かな?と思い出したんです。現在のうちのややこしい保護猫も小夏ちゃんみたいにあやかってしあわせになれますように。
2017/ 04/ 24 (月) 22: 50: 20 | URL | akubinohituji # -[ 編集 ]
あくびのひつじさんへ
トパーズがケージでネルとくつろいでいる姿を見ると、
我が家に来た時からケージに入れて、私たちに慣れてもらっておけば、
家庭内ノラにならなかったのかもと思いました。
そっとしておくというのも良し悪しですね。
五郎蔵という居場所がなくなった今、
これからニンゲンや他の猫に慣れてくれることを期待してます。

三毛ちゃんって頭が良いのですか?確かに賢いです。
かしこいかしこい♪が小夏の定番の褒め言葉になってますもの。
猫って本当にそれぞれで個性豊かで面白いですよねー。
2017/ 04/ 25 (火) 16: 20: 06 | URL | Saki # -[ 編集 ]
春が来て、信州の高原も桜の時期になられたでしょうか。

私も申年で、子どもの頃は屋根に上がったり、家の屋上の手すりの周りを歩いたり(近所のオジサンから母に通報されしぼられた)冒険を楽しみましたが、今は見ているだけでクラクラしそう。

屋根の傾斜角度によって雪下ろしが大変になると聞いたことがあります。
傾斜があるからすんなり真下に落ちてくれるわけでもなく、そこで氷塊に成ってしまうらしいです。
Sakiさんのお家は、デザインと保守のしやすさとを考慮して最適解を見つけられたのですね。

それにしても、カラマツの葉、形状からして挟まったら取りにくそう。ご苦労が偲ばれます。
2017/ 04/ 27 (木) 08: 10: 20 | URL | アルフ # -[ 編集 ]
アルフさんへ
うちの下は、桜の季節です。週末がちょうど良さそう。
うちのあたりの桜はまだ蕾もほころんいなくて、
やっと梅が咲き始めたところです。

アルフさんも申年ですか!
私も子供の頃、臆病なくせに高いところだけは平気でしたねー。

そうなんですよ。屋根の雪は雪のままならいいのですが、
凍るので問題が起きやすいです。
うちは雪止めをつけていたのですが、
凍って溶けて屋根の隙間に入り、それがまた凍って溶けるので、
行き場のない水が家の中に入ってきてました。
雪止めを外して水漏れはなくなりましたが、
こんどは氷塊がドサリと落ちるので、危ない(汗)
軒にせり出してきたら、棒で氷を叩いて落としてます。

積もったカラマツの葉は屋根を痛めるし、
そうなると雨漏りの原因にもなるので厄介です。
カラマツ、新緑も紅葉もきれいで大好きな木なんですけどねー。
2017/ 04/ 27 (木) 09: 49: 51 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.