家の中コンテンツ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし家の中コンテンツ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 22日 (日) 15:00 | 編集

この家は一応2級建築士Sakiと家具を作れる太郎が作った、ほぼセルフビルドの家です。在来工法で建前までの骨組みを大工さん&プレカット、基礎、電気、水道、板金は業者。それ以外はほとんど夫婦二人で作りました。設計製図、打ち合わせ、現場監理も私中心。ってことでハーフでも完全でもないから、『ほぼセルフビルド』 かなと。

外観
(画像は2005.7.22)

二人で仕事を辞め、家本体の製作に約2年間。その前後、設計期間から暮らしがそれなりに落ち着くまでと考えると、5年かかってます。本当に大変でした。現在も外構のセルフ作業が続いています。
職人気質の私達が作ったので、結構こだわっていますが、やはり毎日の暮らしの場なので、耐久性や機能性、そして何よりも心地よさを求めました。

*  我が家のこだわり *

工法:通気土台、外壁通気工法、棟換気、など壁の中を風が通る作りにする事で、木材が傷みにくいようにしました。タイベック、断熱材、下地などを隙間無く丁寧に施工する事で、室内側はある程度の気密が確保されます。でも全て呼吸する素材なので、密閉はされていません。詳しくは 通気工法について をご覧ください。

構造材:後で狂いや仕口に隙間が出来ないように、全て乾燥木材を使いました。
腐りや白蟻に強く、薬剤塗布の必要が無いように、土台、床束はベイヒバ、1階の柱、間柱はヒノキを使いました。2階は予算の都合でベイツガの柱にしました。

断熱材:ペットボトルをリサイクルしたポリエステル樹脂のパーフェクトバリア使用しました。(フリースを想像してください) 再度リサイクル可能。スポンジ状なので扱いやすく、湿気に強い、自己消火性があり有毒ガスを発生しない、優れた断熱性能、などの利点があります。住宅金融公庫の省エネルギー基準クリアする厚さのものを選択しました。詳しくは  パーフェクトバリアについてをご覧ください。

仕上げ:仕上げは全て天然素材。一部2×4材を建具まわりに使ったものの、それ以外は地元の木(天井は赤松、腰板、床は唐松)を使用しました。出荷できないB級品を格安で手に入れて予算を抑えました。押入れの中も全て赤松と唐松を使用。
壁は珪藻土仕上げです。詳しくは 珪藻土について をお読みください。

内部塗装:体に害が無いといわれている、オスモカラーとりボスを使用しました。

* * * * *

四季を通して室温、湿度が安定して非常に快適で、満足出来る家に出来上がりました。壁には梁が見えますが、梁だけしか見えないって言うのは、ちょっと変わってるかも。実際の作りとしては真壁で、柱には珪藻土が塗ってあって見えないのです。昔の和室と同じ作り方で手間がかかってます。

設計士の仕事をしてた時、自分で家を建てることになった時、そして建て終わって暮らしている今、その間ずーっと変わらなかった考えがあります。それは『満足のいく家が建てたかったら、夢を持ち、妥協せずに打開策を探し、人のアドバイスを参考にして自分で勉強し、お金と時間を用意しておくこと』です。

もっともこれを全部満たすことなんて、なかなか出来無いとは思いますが、予算がない、敷地が狭いなど悪条件も工夫で改善されます。相性の良い設計士を見つけることをオススメします。高い買物ですし、簡単に妥協をして後悔するなんてもったいないです。自分でお金を払って、そこで家族で暮らす自分たちの家ですから。

2006年2月記 : 2009年3月更新

L・D・K へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 14:00 | 編集

リビングダイニングキッチンです。キッチン4畳、ダイニング4畳、 リビング11.5畳ということで、実はそれほど広いわけではありません。 吹き抜けなのと仕切りが全く無い事で、大空間に見えます。
天井は信州産赤松、壁は珪藻土、腰板と床は信州産からまつです。


LDK南中央

南側中央です。右がダイニング左がリビングという感じです。 薪ストーブの炉台も自分達でやりましたが、セメントを洗うのが大変でした。 レンガの割付が普通にやるとうまく行かなかったので、コーナー部分は曲線になっていてけっこう好評です。

薪ストーブは、バーモントキャスティング社のアンコールです。これ1台で80畳分の体積の我家を丸ごと暖めています。 ストーブの奥にある小窓には、ステンドがはまる予定です。 真中にあるロッキングチェアは私が木工科で作ったモノで、ウォールナットで出来てます。


* * * * *

西側です。林があるおかげで、夏の西日はほとんど入ってきません。ダイニングテーブルは座卓にもなって、人が大勢集まった時にとても重宝してます。
家のための家具1参照

実際のダイニングキッチンとしてのスペースは、キッチン4畳+ダイニング4畳の計8畳分なのですが、壁などが無いオープンスペースなので、狭さを感じません。

キッチンの流しなども全て自分たちで作っています。次ページのキッチン詳細をご覧ください。

LDK西

* * * * *

LDK北側

北側です。左奥が玄関、右奥が寝室です。寝室が1階なので、年をとってからも安心です。 2階の手摺が見えますが、格子は竹で出来てます。

この家はテーマが和洋アジア折衷なので、竹とか蒲(ガマ)とか和風素材をけっこう使っています。 洋な感じとアジアンテイスト(和風含む)が意外と違和感無いかな~と思うのですが、どうでしょ。


* * * * *

東側のリビングです。床の広さとしては11.5畳ですが、ダイニングキッチンや寝室と壁が全く無いし吹き抜けなのでかなり広く感じます。

階段に手摺が無いのは年寄りと子供には困りますが、今のところ夫婦2人なので困りません。
階段の窓から田園風景や向こうの山並みが、夜は月が見えたりしてまるで中身が入れ替わる絵のようで、飽きることがありません。

LDK東

2006年2月記 : 2009年3月更新

キッチン詳細へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 13:00 | 編集

セルフビルドのキッチンです。結構料理が好きなので、使いやすいのはもちろんですが、台所に立つのも掃除をするのも、楽しくなるようなキッチンをと思って設計しました。私にとっては満足の仕上がりです。

山桜、姫小松、唐松など、信州の木を使ってます。タイルの天板は気軽に熱いものを置けて良いですよ。

ボンドはノンホルム製品、見えない部分の合板は低ホルム、塗装も害がないといわれているオスモカラーを使っています。コンロの壁はタイルですが、壁や天井は珪藻土です。万が一火が出ても安心だし、意外と汚れも気になりません。


キッチン4畳、ダイニング4畳 計8畳
ダイニングキッチン全景
コンロのモザイク部分


* * * * *


  • 木部は信州の山桜でオスモカラークリアー仕上げ
  • 基本構造は狂いを避けるために、シナ合板
     (低ホルム)を使用。
  • タイルはINAXのフェイスを防汚目地
  • シンクは中外交易(YME870-590S-GRM)
  • 水洗金具はINAXオールインワン浄水栓(JF-2450SXN)
  • ガスコンロはハーマンのカラーガラストップコンロ

床は黒大理石のモザイクタイルで、日が差し込む冬は天然床暖房♪大理石なので足触りも柔らかく気持ち良いです。欠点としては食器をうっかり落とすと、100%割れて激しく飛び散るので、危険&掃除が大変。これはタイルやテラコッタでも言える事かも。

* * * * *

ハーフェレのスライドシステムを使っています。使いやすいですが、滑り止めのマットを敷いてもあまり乱暴に開閉すると、中の食器がぶつかってしまって壊れそうです。

入れたい物を全て入る様に設計するのは大変でした。シンク下はゴミ箱が入っています。

画像下の open close をクリックすると画像がかわります。
http://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/slide3.jpg"" width="350">OPENhttp://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/slide1.jpg"" width="350">CLOSE

* * * * *


別アングルです。コンロの下は、調味料や鍋が入っています。

* * * * *

山桜の吊り戸棚です。ステンドグラスはケイムという手法で私が作りました。耐震ラッチという金具を使っているので、地震が起きても扉が開かないので、それなりに安心です。

画像下の open close をクリックすると画像がかわります。
http://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/turito2.jpg"" width="350">OPENhttp://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/turito1.jpg"" width="350">CLOSE

* * * * *

姫小松の天板のカウンター収納です。見えて欲しくないものが全部収納されています。奥の炊飯器はスライドレールで出せます。

* * * * *

姫小松カウンターのテーブル側はカトラリー入れで便利。ダイニングテーブルの天板も姫小松です。
画像下の open close をクリックすると画像がかわります。
http://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/cutlery2.jpg"" width="350">OPENhttp://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/cutlery1.jpg"">CLOSE

* * * * *

床下収納庫です。大理石自体をカットする事で、目立たないように作ってます。ここの大理石はモザイク職人の友人に手伝ってもらいました。

床下がべた基礎でコンクリートですし、基礎パッキンを使った通気工法なので、風がすごく通って湿気の心配がありません。真夏でもとても涼しいです。使わない食器とかいろんな物が床下に入ってます。うちは収納が非常に少ないので、とても重宝しています。
画像下の OPEN CLOSE をクリックすると画像が変わります。


 
http://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/s2.jpg"" width="400">右側OPENhttp://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/s3.jpg"" width="400">両側OPENhttp://blog-imgs-45.fc2.com/c/o/o/cooneru/s1.jpg"" width="400">CLOSE

2006年2月記 : 2009年3月更新

BED ROOM へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 12:00 | 編集
8畳の Bed room です。 ベッドは私が小学生の時から使っている、30年の歴史あるシングルのパイプベッドに合板載せて、ダブルのマットレスを置いてます(爆)。

パーテーションの布はカレン族の手織りのコットン布で作りました。止め具部分も仕組みを考えて、家の裏に落ちている胡桃の実を使いました。

布を閉じたところ

止め具詳細

* * * * *

天井はホームセンターの蒲(ガマ)芯すだれです。材料費は竹を入れても15000円くらいです。

安く済まそうと考えた天井なのですが、固定資産税の査定では、茶室と同様のヨシズ天井ということで、一番高級な評価になってしまいました。和のようなアジアンのような、すごく良い雰囲気です。

* * * * *

階段下収納の扉です。太郎の実家のご近所さんが家を解体した時に残ったものを頂きました。 南洋材を使った張り合わせのドアなのですが、糊が剥がれて使い物にならなかったので、再度張り合わせて塗装して使いました。我家にピッタリ♪ もっと見える場所に使いたかったのですが、ドアはこことトイレしかないのでした。

2008年には新たに義母から古い壊れた松本箪笥をいただいたので、自分で直して寝室に置きました。

いらないものをいただいたり、壊れているものであっても直したりと、お金をかけず、あるものを生かしてインテリアを楽しんでます。
下画像のみ2008年で、他は06年撮影


2006年2月記 : 2009年3月更新

玄関・サニタリーへ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 11:00 | 編集

どの部屋も広くは無いですが、心地良い空間になるように工夫してあります。
特に水まわりは毎日使うところなので、収納などの使い勝手を考慮しました。

■■■■■■■■■■■■  トイレ ■■■■■■■■■■■■
1畳のトイレです。居心地が最高で長居しがち。棚の中には、ペーパーや本などが入ってます。備え付けの棚やステンド照明、ドアも自分達で作りました。
ドアの取っ手は”猿錠”という昔使われていた仕組みにしました。
ドアは外側から撮った画像です。

 


■■■■■■■■■■■■  脱衣室 ■■■■■■■■■■■■
2畳の広さの脱衣室です。自作の洗面台&壁に半分埋め込んである(ニッチ)棚で収納は充分。照明は、船舶照明です。 壁の珪藻土のおかげか、湿気は気になりません。引き戸を常に開けてあるので、夏は風が抜けるし冬は薪ストーブの暖気が入るので、通年通して快適な脱衣室です。


■■■■■■■■■■  バスコートのある浴室 ■■■■■■■■■■

1616サイズ(2畳)のオーダーのユニットバスです。 形状から、タイルや水洗金具まで全て指定して、ニッコーと言う会社に頼みました。水仕舞いは安心だし、思ったよりも安いです。 右手の窓を全開するとバスコート(坪庭)があり、露天風呂気分が満喫できます。
バスコートカテゴリはこちら


■■■■■■■■■■■■  玄関 ■■■■■■■■■■■■

玄関ホールです。下の画像の窓の上に見えているステンドランプの左が脱衣室、右がトイレです。 下駄箱はタモと言う木で作ってあります。玄関のたたきの部分は仕上げは、赤土を混ぜたモルタルと鉄平石です。玄関の仕上げ工程はこちら

所々色ガラスが埋まったり、偶然猫の足跡が。

2006年2月記 : 2009年3月更新

2階へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 10:00 | 編集

2階はアトリエと物干し場(客間)となりますが、 基本的にはフリースペースで、押入を入れないで、22畳の広さです。 部屋と言う考え方で区切ると、8畳が2部屋と4畳という事になります。 今は仕切り壁が全く無いのですが、必要に応じて壁やロフトを作れます。 天井は信州産赤松、壁は珪藻土、床は信州産からまつで、 梁はドライビームという乾燥米松です。

西側です。2階は南側半分が吹き抜けになっています。 もし家族が増えても、2階の上の梁(印の梁)に板をかければロフトになります。

西側にはコブシ、オニグルミ、栗の木があり、それから広葉樹の森が広がっています。窓からは鳥やリスが見えることも。広葉樹の森のお陰で夏場は西日が入らず、冬は西日が暖かです。

* * * * *

トップライトがあって意外と明るい北側です。 中央の板壁(押入)を挟んで左側が客室で、右側は作業台とドラフターがあってアトリエになってます。アトリエの詳細はこちら

客室スペースは、普段は物干し場になっています。珪藻土&天然木&大空間のお陰か、室内干しでもカラリと乾きます。外に干すとハチやカメムシなどの虫が入るので、ほとんどここで干してます。

* * * * *

東側です。我家は竹という素材が好きなので、竹をふんだんに使ってるのですが、手摺の格子も竹で出来ています。 出来るまではどんな感じになるのか、ちょっとドキドキだったのですが、意外と違和感が無いですね。

画像には写らなかったのですが、東側の窓には山並が綺麗に見えます。

* * * * *

南側です。窓の外には庭と借りている畑、山並みが見えます。ほとんど吹き抜けで、キッチンの上に当たる右側奥4畳分が床になってます

この4畳は西側(右側)の壁に本棚を作って、書斎になる予定ですが、いつになることやら…。
2階南側
            ↑

ここまでは2006年の画像&話ですが、2008年には押入に合板でキャスター本棚を作りました。本棚詳細はこちら

そして上画像のの棚がある所に太郎さんの祖母(洋裁店をやっていた)の遺品の業務用足踏みミシンを置いて、とりあえずミニ書斎コーナーが出来ました。椅子は私の祖父の遺品から。

足踏みミシンは2台あって、それぞれかわいいデザインです。使えるはず。
ミシンの詳細は こちらこちら

2006年2月記 : 2009年3月更新

エクステリア へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 09:00 | 編集

エクステリアももちろん手作り。デッキ、雨水井戸、ビオトープ。 他にも、敷地から出てきた石などを使って色々作ってます。 ちなみに石垣以外の石工事は、私がひとりでやっています。 薪小屋、農機具小屋、などなどまだまだ作るものが沢山あります。


家本体完成から5年後の08年6月撮影
外壁は埼玉飯能産のサワラ板です。シッケンズのドリフトウッド色で塗装してあります。中央部分は珪藻土とカルチャードストーン仕上げになっています。左官仕事もふたりでやりました。セルフビルドなので、仕事がしやすいように単純な形に設計しました。

デッキに隅に2mほどの高さの枕木が立っていますが、コレは普段はデッキ下にかけてある物干し竿をセットする物干し台です。詳しくはこちら参照。

* * * * *

デッキの一部を上から見た画像です。サイプレス(オーストラリアひのき)で作りました。対候性があり、36ミリと厚い板なので、塗装をしていません。中央の部分はストーンデッキになっています。ここで火を使うことも出来ます。

ストーンデッキの右側にある緑は、ハーブスパイラルガーデンです。キッチンからすぐに取りにいけて重宝しています。
050715-2.jpg
それぞれの詳細はこちら。
デッキ製作日記  スパイラルガーデン  鉄平石の敷石

* * * * *

usui050603.jpg 雨水利用井戸です。地下に900Lのコンクリート枡が埋まっていて、雨どいの水が貯まるようになっています。昔懐かしいガチャポンで水を汲み出して、畑に水をやったり野菜を洗ったりしています。
詳しくはこちら。雨水井戸製作日記

* * * * *

ビオトープです。夏の間はメダカを入れています。自然にやってきたゲンゴロウ、マツモムシ、ヤゴなども住んでいます。沢山のトンボがここで羽化しました。カラスや野鳥が水を飲んだり行水するので、バードバスでもあります。
詳しくはこちら。ビオトープ製作日記
070516.jpg
050705tonbo.jpg

* * * * *

石垣08110207年から本格的に石垣を積み始めました。ケンカにならないよう、担当部分を分けました(爆)。敷地西側である左画像に写っている部分(下画像では、右1/3)は、私が担当でひとりで積んでます。残り2/3の北側を太郎が担当して積みました。

これで平均高さ1m、長さ30mです。09年には東側に同じくらいの石垣を積む予定です。

石はコレだけの量を拾うわけにもいかないので、隣村の石を購入しています。石垣の下と裏には砕石をしっかりと詰めてあります。お金も手間もかかりますが、そうしないと、凍害で崩れること必須です。

石垣081030
2006年2月記 : 2009年3月更新

仕上表 へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

2009年 03月 22日 (日) 08:00 | 編集

信州の木を中心とした天然木、竹、石、タイルといった、自分が子供の頃から見てきて、未だに飽きないもの、そして珪藻土といった素材感と施工性が好みのものを中心に選びました。


内部仕上げ表









GO
信州からまつ 厚さ15mm オスモカラー仕上げ
一部レンガ / 幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
腰板:信州からまつ 厚さ12mm オスモカラー仕上げ
一部レンガ積み
天井 信州赤松 厚さ12mm オスモカラー仕上げ





GO
モザイク大理石 厚さ10mm
幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
一部100角タイル貼り
天井 珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ



GO
信州からまつ 厚さ12mm オスモカラー仕上
幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
腰板:信州からまつ 厚さ12mm
天井 蒲芯すだれ&竹








GO
信州からまつ 厚さ15mm オスモカラー仕上げ
幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
腰板:信州からまつ 厚さ12mm オスモカラー仕上げ
天井 珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ



GO
  ニッコー フルオーダーユニットバス
TOTO 200角床タイル
不二タイル 200角耐凍害タイル







GO
玄関たたき部分:赤土混合白セメント 一部 諏訪鉄平石
ホール部分:信州からまつ 厚さ15mm オスモカラー仕上
幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
腰板:信州からまつ 厚さ12mm
天井 信州赤松 厚さ12mm 一部 竹



GO
信州からまつ 厚さ15mm オスモカラー仕上
幅木:信州からまつ オスモカラー仕上げ
珪藻土 エコクイーン佐野の名水シリーズ
天井 信州赤松 厚さ12mm


外部仕上げ表 GO
基礎 鉄筋コンクリート ベタ基礎
外壁 サワラ板 厚さ15mm ドイツ下見貼り
シッケンズ ドリフトウッド色 裏1回 表3回塗り
一部珪藻土、カルチャードストーン
屋根 カラーガルバリウム鋼鈑 横葺き 雪止めアングル
煙突部分 INAX レンガタイル 貼る壁シリーズ
外部建具 マービン社 木製建具
外部:シッケンズ  室内:オスモカラー仕上げ


主要構造等
土台・床束 120角 ベイヒバ
1階 信州ヒノキ 2階 ベイツガ
米松(ドライビーム)
断熱材 パーフェクトバリア(ペットボトルリサイクル品ポリエステル)
床:85mm 壁:75mm 屋根:75mm
(2001年公庫の省エネルギー基準クリア)

2006年2月記 : 2009年3月更新

セルフビルドの家 目次 へ戻る

copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.