広くなくても心地よく サニタリー・玄関 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし広くなくても心地よく サニタリー・玄関

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 22日 (日) 11:00 | 編集

どの部屋も広くは無いですが、心地良い空間になるように工夫してあります。
特に水まわりは毎日使うところなので、収納などの使い勝手を考慮しました。

■■■■■■■■■■■■  トイレ ■■■■■■■■■■■■
1畳のトイレです。居心地が最高で長居しがち。棚の中には、ペーパーや本などが入ってます。備え付けの棚やステンド照明、ドアも自分達で作りました。
ドアの取っ手は”猿錠”という昔使われていた仕組みにしました。
ドアは外側から撮った画像です。

 


■■■■■■■■■■■■  脱衣室 ■■■■■■■■■■■■
2畳の広さの脱衣室です。自作の洗面台&壁に半分埋め込んである(ニッチ)棚で収納は充分。照明は、船舶照明です。 壁の珪藻土のおかげか、湿気は気になりません。引き戸を常に開けてあるので、夏は風が抜けるし冬は薪ストーブの暖気が入るので、通年通して快適な脱衣室です。


■■■■■■■■■■  バスコートのある浴室 ■■■■■■■■■■

1616サイズ(2畳)のオーダーのユニットバスです。 形状から、タイルや水洗金具まで全て指定して、ニッコーと言う会社に頼みました。水仕舞いは安心だし、思ったよりも安いです。 右手の窓を全開するとバスコート(坪庭)があり、露天風呂気分が満喫できます。
バスコートカテゴリはこちら


■■■■■■■■■■■■  玄関 ■■■■■■■■■■■■

玄関ホールです。下の画像の窓の上に見えているステンドランプの左が脱衣室、右がトイレです。 下駄箱はタモと言う木で作ってあります。玄関のたたきの部分は仕上げは、赤土を混ぜたモルタルと鉄平石です。玄関の仕上げ工程はこちら

所々色ガラスが埋まったり、偶然猫の足跡が。

2006年2月記 : 2009年3月更新

2階へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

Comment
この記事へのコメント
こんにちは 家のお風呂は、築22年のユニットバスですが、リフォームを決心!東京の、ニッコーの展示場も見学して、決定。sakiさんのおうちを見せてもらっていたたおかげです。30センチ角タイル、白い浴室になります。私の入浴時間は、10分ほどですが、楽しみです。
2011/ 07/ 02 (土) 08: 37: 38 | URL | peko # rMquC.jw[ 編集 ]
pekoさんへ
おぉ!ニッコーの展示場なんてあったのですね。
このお風呂でニッコーに惚れて以来、食器でニッコーを見つけると、なんとなくうれしいかったりします。
買ったこと無いんですけどね(汗)

お風呂楽しみですね~!
2011/ 07/ 06 (水) 20: 45: 42 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.