セルフビルドの施工アルバム - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしセルフビルドの施工アルバム

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 24日 (火) 14:00 | 編集

実は工事中の写真が余りありません。特に私の作業写真。セルフビルド、つまり自ら施工していたので、作業の手を止め、道具をカメラに持ち替えて撮るという余裕がなかったのです。今思うと残念ですが、その時はとても無理でした。

工事は2001.7.23から2003.5月までかかっています。本体工事と平行して家具製作もしていました。


2001.7.23
基礎工事が始まりました。鉄筋コンクリートベタ基礎です。調査したら地耐力が強くは無かった事と、寒い地方なので凍結深度が深く(基礎の底部が地面深くなければいけない)、基礎にお金がかかります。 また、白蟻が侵入しにくいように基礎高を高めに45センチ取りました。

基礎は業者にお願いしました。

2001.8.6
土台はベイヒバです。防蟻、防腐に優れているので、薬剤処理の必要がありません。 さらに基礎パッキンを使った通気工法なので、土台が長持ちしてくれる事を期待しています。床束もベイヒバです。 土台敷きから私達は施工に参加しています。そして正面に腰掛けているのが、信頼する大工さんの矢沢さんです。温厚な方で、いろいろ相談に乗っていただきました。

2001.8.8
いよいよ建前です。予算削減のため、構造はプレカットです。棟梁、矢沢さんが、私達の知っている若手の大工さんばかりを、お手伝いに集めてくれました。仲間なので気心が知れて安心です。

建前は、ミスや事故があると大変ですから棟梁、設計士(私)ともに緊張の日です。でも何事も無く、和気あいあいとして、楽しい建前でした。

2001.8.9
建前も無事終わりました。簡単な上棟式を済ませ、この後は行き付けの居酒屋『赤ちょうちん』で宴会へ…

2001.8.25
タイベックを貼っています。構造があらわしなので、仮筋交いが室内側に打てず手間がかかってしまいます。

この後、南の大きい窓だけを入れていただいて、3週間ほどで矢沢さんの仕事は終わりました。残りの窓入れからは、ふたりだけでの施工です。

2001.11.10
外壁は厚さ15ミリのサワラです。シッケンズを裏1回、表3回すべて私が塗ってます。そして外壁通気工法で作っています。 なぜここまでやるのか…長持ちさせたいという私達の強い思いがあります。

外壁貼りは、山仕事をしている友人に手伝ってもらいました。

2002.6.14
バスコートが完成しました。 石積みの部分は敷地から出てきた石で作りました。石の上場まで土を入れるのが大変でした。

ヨシズはあっという間にダメになってしまったので、3年後の05年に竹に張り替えました。当時のブログはこちら

2002.夏
外壁の珪藻土塗りの部分です。ラスボードという塗り用の下地合板の上に、珪藻土エコクイーンの白い下塗り材NGUを塗り、ベージュの外壁珪藻土を塗りました。

左官仕事はモルタルなどを練るのが大変な上に、乾く前に塗りきらないといけないので、時間との闘いで一番きつかったです。


2001冬~2003春
現場に泊り込んで施工したので、2階にテントを張ってその中で寝ていました。料理はカセットコンロ1台でやっていました。お風呂はユニットバスを最初に施工したので、炊事と入浴は現場でしていました。

個室の無い家なので、1部屋だけ仕上げてそこで生活というわけにもいかず、現場での生活は身も心も休まらなくて本当に大変でした。

2003.6
ほぼ完成したので、やっと引越しをしました。ここまで約2年かかりました。

家本体だけが完成しても外構がないと、私は家とは言えないと思っています。

2005.7
デッキやエクステリアを充実させて、ずいぶん家らしくなりました。新築祝いもやっと出来ました。2001.7月に始まって2005.7月まで。ここまで丸4年もかかりました。(涙)



■■■■■■■■■■ 外観ダイジェスト  ■■■■■■■■
01年セルフビルドの家
2001.8 建前
03年セルフビルドの家
2003.8 本体完成
04年セルフビルドの家
2004.8 デッキ完成

2008.6 庭づくり進行中 写真ではちゃんとした庭っぽいですが、 私の構想の10%ほどしか進んでいません。200坪の広さというのも考え物です。庭仕事は自然が相手なので、ボチボチやってます。



■■■■■■■■■■ 施工アルバム ■■■■■■■■
室内側の施工中(左)と完成後(右)の画像です。 同じアングルで撮りました。

寝室からリビング吹き抜けを撮影しました



リビングから寝室を撮影。階段がまだ出来ていません。


ダイニングから玄関ホールを撮影。人がいるのは脱衣室です。


2階西側の天井です。白い断熱材が途中まで入っています。
合板だと湿気に対する耐久性に不安があるので野地板は杉板です。
断熱材の上に通気層があり、構造材が痛みにくくなっています。


2006年2月記 : 2009年3月更新

屋根断熱と通気 へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

Comment
この記事へのコメント
そうですね。
外構までが家だと私も思います。
でも、フツーのヒトって上物を建てたらそこで予算を使い切っちゃって外構に回す分がなかったり、はたまた最初から予算にほとんど組み込んでいなかったりするようですね。
無理もないと思いますが。(自分で何もできないシロートは、建物とは別に外構に何百万もかける根性がない)
何年もかけて少しずつ自分たちでやる(やれる)sakiさん達はすごいと思います。
そうやって家を育てていくんですね。
家を育てながら自分たちも一緒に育っていくという感じ。
ううむ、うらやましいっ。
2009/ 03/ 26 (木) 15: 31: 31 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
外構もそうですが、家具にもお金を回せない人多いですよね。
太郎が家具で独立したいとか、以前言ってたんですが、現実的にはねぇ。

私は家という器だけ作っても意味が無いと思うんです。
身の丈にあった家、庭、家具、そして住む人。
とバランス取れるような、家作りがいいなと思います。

お金があればイチバンですが、自分で作ったり、手持ちのものを生かしたり、
いくらでも工夫は出来ると思うんですけどね。

ま、それが面倒なら賃貸で良いと思うのです。
ほら、私、持ち家派じゃないもんで(爆)
家を持ってしまった以上、ブツブツ言いながら、やらざるを得ないわけです~。とほほ。

2009/ 03/ 26 (木) 18: 12: 00 | URL | Saki # vXUT/fjg[ 編集 ]
そうそう、
結局はバランス感覚なんですよね。
たとえばろくに食うもんも食わないで服を買うとか家賃滞納してグルメ三昧とか、そういうことは若いうちにやっとけよ、という(あれっ、ちょっと違うか)。
美術館というハコ作ってコレクション後回しみたいなハコモノ行政とか(これもちょっと違うか)。
自分を謙虚に見つめれば、自分に寄り添うべきものたちが自然と集まってくるのですよね。

家具は・・・好きですが、10年過ぎたら買い直してくださいとかほざくイタリア某メーカーの考え方はヤダ。
木にさわって思わずうへへへとか笑みがこぼれるような家具が好きです。
そしてそれをガシガシ使いたいです。
(長文すみません、、、)
2009/ 03/ 26 (木) 19: 13: 06 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
自分を謙虚に見つめてるってことは、私はあんま無いですが
うちも自然とあつまってきますね。うん。

え。10年で買いなおせ?修理じゃなくて?
ががーん。い、いたりあ製もそんなんなってるんですか?
バブル絶頂期のポストモダンの家具とかでしょーか。

うちは太郎の前の職場が山持ってたので、
流通に乗らないような地元の木ばかりで、うへへへへ~です。
えぇえぇ。ガシガシ使って傷だらけです。
不思議と気にならないんですよね~。
2009/ 03/ 26 (木) 20: 05: 21 | URL | Saki # vXUT/fjg[ 編集 ]
へいへい、
それは、アフターケアのそっけなさに定評があるA社のソファの話だったように記憶しています。
うちは江戸ではここんちのダイニングテーブルを使ってるんですが、今は亡き義母が昔うっかり湯のみを置いたら、輪染みならぬ輪ヤケ(?)のように天板が白くリング状に変色しました。
どーゆー塗装をしとるんじゃという感じですね。
今は全体的にヤケたので目立たなくなりましたが。
(買い直せってかー?)
2009/ 03/ 26 (木) 20: 44: 23 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
それは最後にXがつく有名メーカーですか?
小学生の時から、好きでよく見てたなぁ。買ったことないですが(汗)

ウレタンや、生地を張りなおして直せるんですけどね~。
密かに街にはそういう修理やさんがいるもんです。

実は太郎もそういった修理をうけたことあります。
生まれ変わって、お施主さん大喜びでした。

修理代は決して安くないですが、気に入って高いものを買ってるわけで、
思い出もあるんですから、直しながら使いたいもんです。

壊れたら買いなおす。ん~さすが消費社会。
2009/ 03/ 27 (金) 09: 58: 15 | URL | Saki # vXUT/fjg[ 編集 ]
>それは最後にXがつく有名メーカーですか?

ピンポン♪

木がですねー、息してないんですよねー。(←じゃあ買うなって)

わたしもお金ためていつか太郎様にテーブルつくってもらいたいものです。
2009/ 03/ 27 (金) 19: 15: 40 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
木って生きているので、どうしても狂ったり、傷ついたり、シミついたりするんですよね。

私はあまり気にしない方ですが、メンテナンスは必須ですかねぇ。
そこに物への愛が入り込む余地があるとおもってるわけですが。
2009/ 03/ 28 (土) 00: 45: 31 | URL | Saki # vXUT/fjg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.