セルフビルドの珪藻土 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしセルフビルドの珪藻土

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 24日 (火) 11:00 | 編集
楽天広場で親しくしていただいているhironya---さんから珪藻土について質問がありましたので、その事について書きます。

まず、珪藻土とは単細胞の植物性プランクトン、珪藻の化石です。木炭の 5,000~6,000 倍という驚くべき超繊細・超多孔構造を持ち、活発な呼吸性(吸・放湿性)に富む土です。火にも強く七輪が作られたりしています。

<珪藻土は漆喰みたいな仕上がりですか?>
漆喰は触るとひんやり冷たくて堅い感じですが、珪藻土は柔らかくて粒子が多少荒く、冷たいことはありません。 漆喰に画鋲は打てませんが、珪藻土は下地まで届けば画鋲がOKです。これは大きな利点です。
ただメーカーによっても違うと思いますが、強く引掻くと削れます。 でも、我家は黒猫がつけた爪あとだらけですが、もともとピッシリ平らな面なわけでは無いので、ほとんど気になりません。

<お洒落ですがお掃除が大変でしょう???ボロボロに剥げてこないのかな?>
たまに壁につくゴミやワタぼこりは、掃除機の先で吸っています。凹凸が少ない仕上げにしたのもあって、全く大変では無いです。汚れは消しゴムで簡単に消えます。 猫が吐いたものが壁についた時、綺麗な濡れ雑巾で優しく拭いたけれど、それも問題無かったです。
うちはボロボロ剥げることは無いです。剥げる場合はメーカーによるのか、物によっては施工が難しいので施工不良なのかは私にはわかりません。

<珪藻土は販売していますか?業者にしか手に入らないのかな?>
私が使用したエコクイーン(日本ケイソウド建材)は直接個人でも買えます。府中にある小さな会社まで行くと、試しに塗らせてもらえるし、色々見れて良いです。お勧め! 他のメーカーでも個人で買えると思いますよ。
日本ケイソウド建材

マイナスイオンや喘息アトピーに良いって部分はまゆつばだとは思うのですが、この家に住んで数年経って、私の喘息はほぼ治りました。珪藻土のお陰とは思っていないので、声高には言いませんが(汗)ただ、エコクイーンはある程度湿気や臭いを吸ってくれるのは確かです。四季を通じて湿度と温度が驚くほど安定しています。冬の乾燥が気になるかとも思ったのですが、40~45%は確保できています。個人的にはとても満足です。

現在はもう少し改良されているかもしれませんが、私達が施工したエコクイーン水で練れてる「佐野の名水」は下塗り無しで、直接石膏ボードに塗れるという事で採用したのですが、正直なれるまで施工が難しかったです。
塗り厚1.5mm厳守なのですが、最初余り気にせず3mm位(もっとかも)厚塗りしたら、乾く段階で(塗って数時間後)施工不良を起こしてヒビだらけになって剥がれてしまいました。(すぐにやりなおしたので大丈夫) 私達のように適当にやらないで、くれぐれもマニュアルを良く読んで施工しましょう(笑)同じエコクイーンの粉末タイプだと、下塗りをするので塗り厚はそこまで厳密じゃなくて大丈夫です。

ここまで書いたのは内装用です。外装用は強度を出す為に骨材が入っていて、粒子が粗くかなりざらざらします。 雨に濡れると乾くのに時間が掛かるので(見た目が良くない)、うちは水を吸わないようにシーラーを塗ってしまいました。これだと呼吸しないので、珪藻土としては意味がないです。 外装材としての珪藻土の意味は???って私は感じます。

最後に注意点です。珪藻土や漆喰などの塗り壁は、クラックが避けられないと思います。下地の継ぎ目などでどうしても出て来てしまいます。(継ぎ目全てで出るわけではない) でも、クロスなどは何年もすると糊やあく?が浮き出たり、剥がれて来たり、継ぎ目が汚く目立ちますが、クラックはほとんど気になりません。

今は珪藻土と言ってもいろいろ出ています。 珪藻土自体は固まらない為、固めるための樹脂など、呼吸しない混ぜ物が大量に入っていたり、防カビ材を配合したりと、珪藻土の意味が無い物もあるので注意してください。
私が使用したエコクイーンが、最高の珪藻土で完璧で安全かどうかは、私にはわかりません。珪藻土建材自体まだ出て間もない素材ですから、パンフレットやサンプルを取り寄せて比較検討してみてください。

2009年3月追記:珪藻土の効能(爆)が言われる一方で、発ガン性なども言われていますが、単なる建材に過剰な期待、もしくは過敏な心配をしても、仕方がないと思います。自分の中で判断して、折り合いをつけて建材を選んでいくしかありません。

2006年2月記 : 2009年3月更新

参考になった本 へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.