セルフビルドで参考になった本 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしセルフビルドで参考になった本

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 24日 (火) 09:00 | 編集
セルフビルドをするに当たって、非常に参考になった本です。
2001年から2003年の間のことなので、
今はもっと良い本も出ているかもしれません。
紹介文の右側にある画像をクリックすると、楽天で書籍を購入できます。

住宅現場公開講座『品質を守る木造住宅のつくり方』 著/力石眞一 井上書院
品質を守る木造住宅のつくり方 これが一番参考になりました。金物の使い方や、細かい施工の仕方、良くない施工の実例写真など詳しく載っています。家を建てる施主の方、大工さんや設計者にも、ぜひ読んで欲しいと思います。考え方がいろいろあるので、全てが正しいとは思いませんが、かなり実例に沿っているし写真が豊富なので、本当にわかりやすいと思います。
画像をクリックすると楽天で購入できます。


すまいのビジュアル辞典・誰にも聞けない『家造りのコトバ』 エクスナレジムック出版
誰にも聞けない家造りのコトバ これは造作(室内の造り)の細かい収め方などが参考になりました。写真や詳細図も載っていてとても役に立ちました。内容が濃くて面白いので、未だに愛読しています。

『木造の詳細シリーズ』 彰国社刊
木造の詳細(1)新訂2版 住宅の設計や施工に携わっている人は、多分見たことがあると思います。私も学生時代に読みました。でも内容が古いので、実践的には余り役に立ちませんでした。今時こんな手の込んだ施工をする大工さんはなかなかいないでしょう。でも綺麗で丁寧な納まりを考える上では、非常に参考になりました。


『住まいのエコ建材・設備ガイド』 風土社
住まいのエコ建材・設備ガイド(2003年版) 雑誌チルチンびとを発行している風土社の本です。断熱材や珪藻土の選定などに参考にしました。ただ、03年版以降出版されていない様子です。建材や設備の情報は鮮度が命なので、現在ではあまり役に立たないと思われます。
画像リンク先で03年版が買えます。



読んでいないけれど参考になりそうな本

『住宅現場公開講座『品質を守る木造住宅の計画と設計』 著/力石眞一 井上書院
品質を守る木造住宅の計画と設計 オススメ本『品質を守る木造住宅のつくり方』を書いた力石眞一の著書です。 優れた施工品質を備えた木造住宅を設計する。耐久性・安全性を確保した住宅設計の基本を実際の設計スケジュールに沿ってアドバイスする本とのことです。



注意が必要な本

『100万円の家づくり―自分でつくる木の棲み家』 著/小笠原昌憲 自然食通信社
100万円の家づくり 生活に必要な色々な設備を考慮せず、「100万円で家つくり」というのはいかがなものなのでしょう。普通の感覚からすれば、ではなく、小屋だと思います。このキャッチーなコピーのせいで、セルフビルドで家が安く出来ると勘違いする方がいるのです。知識が無い方にしてみたら、この本に何が欠落しているのか全くわからず、100万円で家が出来ると思ってしまうのですから、困った本です。
木工事だけでは家は出来ません。ただ、木工事のやり方は比較的わかりやすく書いてあるので、100万円を全く無視して読むなら良い本だと思います。

他にも、セルフビルドの家を楽しく特集したものや、DIY的なノウハウ本などもありますが、それはあくまでも足がかり的な読み物であって、プロが読むような技術書を合わせて読むことを、私は強くオススメします。構造や法規的なものは、絶対にはずせません。
家を作るということが、ほんの数冊の面白いだけの読み物で網羅できるなら、苦労はしません。趣味の小屋作りと、財産と命を守る器である家作りとでは、存在意義が全く違うと私は思うからです。




我が家の掲載紙
住まいnet信州 [vol.10]
我が家の掲載紙です。巻頭特集で『日々、進化する家』ということで、20ページほど載っています。セルフビルド的な内容ではないのですが、プロが撮った美しい写真と、ライターさんの素敵に演出された文章で、このブログとはまた違った視点で書かれています。実際は全く全然こんな素敵じゃないですから~!(爆)

秋の撮影だったのですが、私のお気に入りの写真に写っている、隣地の美しい黄金色の唐松林は、今はもう切られてしまって見ることが出来ません。プロに撮っていただいておいて良かった(涙)

とてもご丁寧なオファーをしていただいて、地元誌ということもあり、とても楽しい取材でした。ありがたいことに、他にもいくつか取材のオファーをいただいたことがあるのですが、お受けすることはあまり無いので、今のところ唯一の掲載紙です。
取材風景のブログは こちら
2006年2月記 : 2009年3月更新

セルフビルド裏話 へ続く
セルフビルドの家 目次 へ戻る

Comment
この記事へのコメント
さっそくですが
友人たちの本を買うのと一緒に、さっきAmazonで買わせていただきましたー。
自分のように都内のマンション暮らしが長くなると、家という装置がより恋しくなるのかも。
拝見させていただきますね。

2009/ 03/ 24 (火) 13: 18: 52 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
お買い上げありがとうございます~。また感想などお聞かせくださるとうれしいです。

実は私は持ち家派じゃないんですよ~。
設計士をやっていた位なので、家という装置は大好きですが、
自分で建てて所有するとなると、色々面倒が多くて。
どうせ建てるならと、我が家は装置だらけですけどね(爆)
2009/ 03/ 24 (火) 18: 49: 43 | URL | Saki # vXUT/fjg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.