猫のガン;元気 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし猫のガン;元気

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 03月 30日 (月) 09:30 | 編集
抗がん剤リュウケラン 2003.9.29

毎週火曜日は抗がん剤(錠剤)を飲ませる日!私、猫に錠剤を飲ませるのすごい得意なんです~。でもこの抗がん剤は、悪性度が低い消化器系リンパ腫(ガン)に効くものなので、悪性度が高いチャイには、最適なものではありません。最適なものは、高価で出来なくて。

でも手術から3ヶ月、抗がん剤投与から2ヶ月ちょっと、元気な様子からするとそれなりに効果はあるようです。 波動共鳴水「活」と、私達の想いも相乗高価で、良い結果をもたらしてるのかな? 私は喘息なのですが、自分の薬だって、こんなにまじめに飲んだ事ありません。自分のことより、猫のほうが大事なのかと、ふと思う今日この頃。波動共鳴水も、値段がするので自分用には使えないでいるし… 取りあえず今日も元気!食欲そこそこで、よかったよかった!ちなみに、私の食欲は底なし(笑)



波動共鳴水『活』 2009.9.24

波動共鳴水って聞くとなんか怪しげですよね。私もホントかな、と思いつつ信じるものは救われる、って事でチャイ様に飲ませています。 さてどんな物かと言いますと、波動共鳴水とは、純水に人間の健康な細胞が本来持っている「正常波動」を記憶させたもので、「波動」を「共鳴」させる事により、体内の細胞を活性化し、自然治癒力を高める事の出来る水の事だそうです。(超エネルギーの使い方ハンドブック 企画・編集・発行  超エネルギー水研究会  参考)

でもね、波動が記憶された水って言っても、波動って見えないし、どうやって水に記憶させてるのか聞いても、機械でやってて具体的な事は、企業秘密なんだそうです。だからインチキかインチキじゃないかは会社のみぞ知る。 私的には超能力を持ってる人が機械に入って念じてるのかも… なんてくだらない事を想像したりして。
本当なのかな?と思ったりもするのですが、ショールームへ行くと、すごい数の体験談兼注文はがきが見れるのですよ。数千枚とかだと思う。きっと効く人には効くんだね。

人体の60%だっけ?が水分だと思うと飲料水は重要だし、最近は水ってホントに見なおされてるものね。マイナスイオン水とか磁化水とかアルカリ整水器とか。 この水は成分上ただの純水なので、病気が良くなった!みたいな体験談は、薬事法に引っかかる為に、商品名が伏字になってます。 体内の乱れた波動を正常にして、自然治癒力を高めるって事なので、内用、外用ともに、どんな病気にも良いようです。薬の効果を高め、副作用を押さえるって事もあるらしい…。 というわけでチャイ様のガンに効くと良いな。 チャイは動物なので、外用&お風呂に入れる専用(人間は飲んじゃダメ)の、「活の湯」1800mlで3000円を飲ませてます。

いいのよ。怪しくたって(科学的には証明されて無いから…)チャイが元気ならば。飲み始めて3ヶ月、とりあえず今日現在も元気です。純水だから絶対に副作用無いし.、活の湯の方は法外な値段ではない。ここが私的にはポイント。 良い水を飲ませて、もしガンにも効いたらラッキーって感じなわけです。 ホントあくまでも気休め(爆) 今日のチャイは、食欲があるけれど、わがままモード。今日の気分に合うものしか、口をつけてくれません。



希望 2003.9.26/3.76体重kg

今日は、2週間ごとの病院へ行く日です。チャイは昨日今日と、早朝に胃液を吐いたので、病院で吐き止めの注射と皮下輸液をしてもらいました。吐いた後しっかりごはん食べて、吐かないんだけどね。そして今日は断食。 元気食欲ともあって、そんなに心配する事も無いような気もしますが…所詮対処療法だし。

今日は若手のI先生なので、やたら大げさに心配するから、不安になるんだよね。 「塩ついて無いしゃけとかまぐろあげて良いですか?」って聞いたら 「かまいません。いずれ病気が進行したら、そうゆうものも食べなくなりますから。」「この先悪くなって行くわけですがどう治療を進めますか」って… それはわかってるけど、やっぱり飼い主って希望をもっていたいから、暗い未来を予見するような事は言って欲しく無い!だってまだ悪くなって無いじゃん。今考えたって決めれる問題じゃないし。

どうしようこのまま食べなくなったらとか、悪い事考えちゃうと、どんどん不安になって、気分が落ちて行っちゃうんですよ。 かすかな希望や、元気なチャイを見ることで看病が出来るんです。厳しい現実には一生懸命に対処するけれど、まだ起こってもいない悪い事で、余計な不安は抱いてたら、悲しくなって楽しく世話できないのよ。
悪くなって、数ヶ月でいずれ死ぬのだろうとは覚悟してます。でもその時まで、チャイと楽しい時間を過ごしたいんです! まだそんなに悪くなってないのに、悪くなった時の治療を今考えてどうするの?どこがどう悪くなるかも決まって無いのに。

頼むよI先生。飼い主を無駄に、不安にさせないのも君の仕事。もうちょっと言いかたを考えて欲しい。 院長先生は、以前チャイが同じ状態になった時 「吐くのは仕方ないからね。元気食欲あるなら心配しなくても良いですよ。好きなもの食べさせてあげてくださいね。」って言ってくれた。 心配したって治療したって、チャイは確実に死に向かう病気なのだ。だったら院長先生のように言って欲しい。

『病は気から』。母(飼い主)がメソメソ暗くなってたら、動物も当然それを受けるでしょう?I先生はいつになったら、動物への治療も大事だけど、飼い主のメンタルケアも重要だって、わかるのかな。希望が無くなるような言い方は禁句だよ。
チャイは今日も元気。今もご飯ご飯!と言ってます。おしっこ、うんち良好。ガンという病気を考えたら、最高でしょ。



100万円が近づいてくる 2003.9.27

今日は昨日の段階で、また連れて行く事になっていたので、1時間かけていってきました。昨日I先生に金銭的に難しい事を相談したので、今日の具合次第で注射はしないで良いはず。
1回7000円のお注射に、ダンナさまムッてしてました。今の仕事で彼の日当は7500円…。治るんだったら迷わずするけれど、治らない病気にその値段の注射は厳しい…。チャイ様の注射の5分で、1日働いた分が消えるって言うのは、辛すぎ。なるべく、注射するのを避けたい。

今日は重症患者さんの手当て&午前診療のみの土曜日と言う事で、病院は混んでます。今日は院長先生お疲れの様子。 何しろ元気、吐かないし全く問題無い事を話していたら、おもむろに皮下輸液の用意をしてる。チャイにプスっと差す。 え~ん。昨日調子良かったら注射しない話しだったのに、その話しを知らないみたい…。やって欲しく無いと言うタイミングを、はずしてしまった。あぁ。ナンかとても忙しそうで、いろいろ言えなくなってしまった私…。自己嫌悪。

そして治療費&2週間分のお薬で合計16000円なり…。 高いよ~(涙)本当に帰りの車で、涙が出てきたよ。だって本当にお金が無いし、手術代だってカードでリボ払い。その支払いはいつ終わるのか…。この調子で注射したり薬を増やされてたら、治療費結局100万円突破しちゃうよ~!
次回病院行った時に、注射は一切しない。薬はこれ以上増やさないって事、私達の支払能力を完全にオーバーしてる事を、良く話さないといけません。何度もお金ないこと、言ってるんだけどなぁ…はぁ~。



気功カード 2003.9.28

昨日おとといの高価な注射と絶食が効いたのか、昨日今日と黒缶パウチをわがまま言わずに、パクパク食べてくれてます。標準量を完食!母はうれしいよ~10日ぶりぐらいかな。

楽天サーファーさんに教えてもらった気功は、だんな様に反対されました。気功カードなるものを買って、遠隔治療でそのカードからパワーを受け取れる、って言う物なんだけどさ。 「んな訳ないじゃん~」って一笑にふされてしまった。気功そのものは良いけど、遠隔治療ってとこが納得できないらしい。だってさ注射の半額だよ、それで1年間有効なんだよ。安いんだけどなぁ、内緒で買っちゃおっかな…それとも、もうちょっと調べて説得しようかな…でもやめとこう。



太った? 2003.10.3

ここ1週間、すごく食欲もあって安定しているチャイ。抱いた感じが、今日から急にズシッて重くなった気がする。病気になってから、抱いても重さを感じないくらい痩せたんだよね。1週間後の通院の時にに4kgまで太ってると良いな~。
本当に余命数ヶ月なのだろうか?チャイがんばっていて偉いなぁ。動物は淡々と命を全うする事しか無いんだろうけど…そのひたむきさが愛しいね。



ダイエット成功!!! 2003.10.10/体重3.92kg

やっぱり太ってたよ!もうすぐ4kgだ!ダイエットうまく行ってます。自分の体重が増えるのは恐怖だけど、チャイの体重は増えると、すごくうれしい。2週間後の通院でもし4kgになってたら、うれしくて泣いちゃうかも…私なんか+4kgなんて簡単なのに、チャイは100g増やすのだって大変。 ダイエットって食餌療法のことだから、痩せてる人が太る為に食べるのも、太ってる人がやせるために食事制限するのも、両方ダイエットなんですよ。私は減らす方のダイエットしなくっちゃだわ。



悩み 2003.10.16/

昨日から急にチャイの調子が悪い。昨日、朝2回 昼に猫缶吐く 夕方胆汁がまざった胃液2回 一口食べた夕飯を吐く。 今日は絶食させて、吐いてなかったんだけど、余りにも欲しがるので療法食の缶を一口。でも吐いちゃった。元気と食欲は有る。
病院へ連れて行ったら、きっと皮下輸液と吐き止めの注射かな。でもね、病気(ガン)が治る治療って言うのは無いわけで、大金をかけて、対処治療をする事に疑問…お金はとっくに私達の限界を超えてる。(カードでリボ払い)

どうしたいのか、自分の気持ちがはっきりして無いし、注射をしないなら、病院に連れて行っても無駄な気もする。 往復2時間かけて病院行って「具合が悪いけどこれ以上治療するお金は有りません」て言いに行くの?それでも連れて行ったほうが良いの?取りあえず電話で相談?悩む~。 病気が良くなるように、病院行ってる訳だから、治療に対して、消極的な態度取るのってつらい。勇気が要る。

出来る事をしてあげたいだけなんだけど、今自分がどうしたいのか決められない。明日にはチャイが元気で、この悩みが先にのびるとと良いのにな。でも逃れられない悩みなんだよね。
吐くけど元気はあるんだよね。偉いなぁチャイ。 心配だし苦しいけど、うれしい。ほんとにかわいいやつ。がんばろうね。



病院へ…元気は元気だよ 2003.10.17/体重3.67kg

悩んだけど、結局病院へ行って注射してきました。再発してる腸の腫瘍の形が先週とは変わってきて、そのせいで吐き気がひどくなってるみたい。 6月に元気だったチャイが、2週間でひどい状態になった事を思うと、安心できる状態では有りません。 でも今日も元気。食欲もあって1日中ご飯をねだってます。どうしてこんな元気なチャイが、ガンなんて不治の病なんだろう。
でも最後まであきらめません。希望を捨てたら、それで終わってしまうような気がします。残りの時間が、つらく悲しいだけになってしまう。

覚悟は出来てます。命はいつかは終わるのです。でも、あきらめる事と受け入れる事は、違うような気がする。例えガンでも明日死ぬのか半年もつのか、誰にもわから無いのだから。 それはガンじゃなくても一緒。チャイじゃなくて私が明日死んだって、不思議じゃない。それが命でしょ。
チャイが私の膝の上でくつろいでる。それで私もチャイも幸せ。病気なんか関係なくね。それでいいじゃん。注射はそれを手助けしてくれてるのかも。 明日も注射しに行ってきます。

安定  へ続く
猫 目次 へ戻る

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.