ピンクマーガレットの鉢あげ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしピンクマーガレットの鉢あげ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2009年 10月 05日 (月) 12:04 | 編集
ピンクマーガレット

大分寒くなってきたので、夏の間は庭に植えていた
ピンクマーガレットを、鉢上げして室内に入れました。
07年春に苗を買ったのですが、年々株が大きくなってます。
去年挿し芽で6株増やして、合計9株になりました。
まだ花芽がついているので、室内で花を咲かせてくれそう。

2段目右にある小さめの鉢は、やはり挿し芽で増やした
アメリカンブルーです。
何しろ冬が11月から4月一杯と半年あるので、
耐寒性の無い多年草は、7ヶ月は室内で育てますが、
ネコどもにイタズラされることもあるので、温室が欲しいところです。

Comment
この記事へのコメント
やっぱり
寒いところだと、冬には室内に植物を取り込んだりしますよね。
うちの実家も、母親が実生で育てたチャノキをそうしています。
昔、バナナワニ園に行った時に、生け垣のチャノキをみつけて実を拾って来て植えたものなんですが、今は1メートルくらいに育っています。

sakiさんみたいに挿し芽で増やすというのをやってみたいんですが、たまにしか行けない八ヶ岳ではできそうにありません(泣)。
2009/ 10/ 05 (月) 14: 16: 57 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
耐寒性が無い植物は土に放せないからだと思いますけど、
信州って鉢植えを育ててる人って多いですよね。
そして冬場は縁側が鉢置きスペースになっていたりして。

チャノキってお茶の木ですか?
茶どころ狭山で育ってるので、私にはあまりにも身近な木です。
花も実も意外と可愛いですが、実生で育てようと思ったこと無かったわ。
お茶にして飲んでいたりするのでしょうか。

2009/ 10/ 06 (火) 08: 26: 22 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
そうそう
お茶の木です。
白くてかわいい花が咲いてます。
つぼみもまんまるですっごくカワイイですね。

そういえば多摩地区でチャノキの生垣を見たことがあります。
茶葉を採るのと種類が違うのかどうかわかりませんが、どうなんでしょう。
先日は諏訪の「綿半」でチャノキの苗を売ってるのを目撃しました。狭山茶とか書いてあったような気がする。
でも、お茶って寒い土地でできるんでしょうか?
2009/ 10/ 06 (火) 16: 38: 03 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
飯田よりさらに南の南信ではお茶を作っているようですが、
さすがに諏訪ではチャノキは無理そうですよねー。
狭山でも霜が付かない様に、防霜ファンを回してたもの。

ホームセンターだと非耐寒性の庭木もフツーに売っているので
どこで育てろというんだろう?と不思議に思います。
2009/ 10/ 06 (火) 20: 36: 20 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.