水圧チェック - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし水圧チェック

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2010年 05月 11日 (火) 16:36 | 編集
キッチンのオールインワン浄水栓が壊れたので、
今回はじめて自分で修理したのですが、(前ブログ参照
水周り関係は、TOTOの浴室シャワー2回、灯油給湯ボイラー1回、
今回キッチン水洗金具1回で、家が出来て7年で合計4回目の故障です。
実は浴室シャワーも再度調子が悪いです(汗)
やっぱ水圧が高めなのかな、と気になって色々調べてみました。

INAXのキッチン水洗金具のJF-2450SXNのマニュアルには、
給水圧力が0.75MPa上の場合は、
減圧弁で適正圧力(0.20~0.34MPa)に減圧してください

と書いてあるので、水圧が基準を超えて高い場合は、
水洗金具の下についている止水弁での流量調整では、
対応出来ないってことのようです。

そこで役所の水道課に相談して、
水圧を測ってもらったところ0.7MPaでした。
0.75MPa からは、量水器内で減圧弁を取り付けた方が良い
とのことなのですが、うちはギリギリ許容範囲内の水圧でした。

水圧に問題があれば、新築時の水道の検査でひっかかるはずなので、
問題ないレベルの水圧なのだろうとは思っていましたが、、
今回自分であらためて目視で確認できたことで、一安心です。
まぁ、でも、推奨水圧のギリギリの上限ということで、
やはり負担がかかりやすいのかもしれませんね。

覚書:減圧弁をつける場所
断熱仕様の蓋のようです。中には保温材が入ってます。
ゴミが入ってるわけじゃないです(汗)
量水器

量水器の中
昔の水道の元栓と全然違ってびっくりしましたが、
役所の水道課の人が説明してくれました。
ちなみに、コードは検針員の人が見るメーターとつながってます。

こうして書き残すことで、ブログが我が家のアーカイブ
(記録保管所)になってます。
FC2の管理画面では、過去記事の検索が出来るので、
家のメンテナンスなどに、かなり役立ってくれています。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.