自然農の野菜6kg - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし自然農の野菜6kg

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2010年 09月 08日 (水) 19:47 | 編集
無農薬の野菜かご

膝丈以上の高さの雑草が生い茂る中、
ほぼ自然農の畑の野菜を収穫しました。
ゴーヤ、ズッキーニ、イタリアントマト類、
オクラ、パプリカ、ピーマンが合計6kgも採れました。
お、重い。

ほぼ自然農のうちの畑は、やはり収穫の立ち上がりが
遅いような気がします。
でも、根がしっかり張った後は、長い間収穫が続きます。
異常天候で不作とはいっても、
虫に食べられちゃっても、この程度は採れる訳です。
とりあえず、5月から野菜はほとんど買うことなく、
野菜た~っぷりの食卓になってます。

雑草生い茂る畑

こんな感じで、一般的にはありえないほど雑草だらけの畑です。
通り道も無いし、雑草の種や葉で、肌は傷だらけになるので、
長袖、長ズボン、帽子、手袋、長靴、で完全防備しないと辛い。
畑の一部はこぼれ種で出たコスモスの林だし…。
(中央遠景部分のピンクがそう)
さすがにここまで雑草だらけの畑って、どうかと思う。

一般的には、農薬も肥料もやらず、雑草だらけで、
野菜がまともに採れるわけがない。
無農薬はともかくとして、有機肥料はしっかりやる。
という感じだと思います。

でも、うちみたいに、面倒だから手を抜いたら自然農、
有機肥料も生ゴミ堆肥と菜種油をちょこっとだけ、
ってなアバウトさでも、なんとか採れるのは、
土がもともと良いんでしょうね。
そして、昆虫や雑草、沢山の種類の野菜といった、
生態系の多様性が、良いのかもしれません。

うちの周囲のほとんどは、
放置されて、荒地になってしまった畑なんですが、
本当にもったいないです。
お金では決して買えない、宝の山だと思うんですけど…。

実は、私も太郎も、家庭菜園とかにあまり興味がないのですが、
放置された畑があまりにもったいないから、
持ち主からお借りしてやってるわけです。ホント貧乏性。
こういうアバウトさがかえって良いのかしら?
数年前の話ですが、雑誌の取材に来た方に、
『脱力系自然体』と表現されていました。ものはいいようですね。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.