今シーズン初の薪ストーブ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし今シーズン初の薪ストーブ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2010年 09月 25日 (土) 10:56 | 編集
今シーズン初の薪ストーブ

寒い。そして洗濯物が乾かない。
こういう時は、薪ストーブです。昨夜が今シーズン初稼動。
同じ理由で、梅雨の寒い日も焚くこともあるので、、
ストーブに火が入らないのは真夏だけという…。
しばらく使っていないので、、細い薪を燃やして、
煙突を暖めて、煙が逆流しないようにして焚き始めます。

あと、本体が温まる前に換気扇を回す時も、
やはり煙が逆流するので、窓を数センチ開けたりと、
ちょっとしたことで、薪ストーブが快適に使えます。
うちの場合は、高気密住宅ではないし、
ドラフト(煙突の抜け)が良いので、
本体が暖まってしまえば、換気扇を回しても大丈夫。

一方、太郎実家は高気密住宅なので、
換気扇使用時には、本体が温まっていたとしても、
必ず窓を大きく開けないと、煙が逆流します。
せっかく温まった部屋が台無しで、かな~り真剣に寒く、
この場合、暖房器具として、かなり難アリ。
冬寒い、高気密住宅って。。。
外気を導入するパーツをつけるとか、
計画換気をするとか、何か方法があったのでは?
当時のハウスメーカーには、そういうノウハウが無かったらしい。

一口に薪ストーブといっても、使用条件や設置設計で
使いやすさがかなり左右されるように思います。
自分でも、薪ストーブを使い始めるまでは、
何がどう使いやすいのかなんて想像できませんでしたが、
実際に使ってみると、良くわかります。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.