クルミ・ブタクサ・ヨモギの草木染ふきん - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしクルミ・ブタクサ・ヨモギの草木染ふきん

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2010年 10月 09日 (土) 16:25 | 編集
庭の草木を使って、食器ふきんとして使う綿の晒しに、
草木染をしてみました。草木染をやるのは初めてですが、
媒染(色止め)剤も、ひたすら家にあるもののみで、
思いっきり適当。
下処理や絞りの話は、9月29日のブログ参照。

草木染手拭い
↑全体図。クリックで拡大。

↓一部分をスキャナで取り込みました。実物に近い色です。
草木染

くるみ染め(オニグルミ)は、緑の果皮で
赤みのあるベージュに染まりました。
煮染めで、薪ストーブの灰を水にとかした上澄み液で媒染。
ちゃんと色止め出来ているのだろーか?
2度煮染め&媒染してみました。
いい色だけれど、うちのキッチンにはちょっとジミ。

ブタクサ+オオブタクサは、
庭の雑草取りも出来て一石二鳥。
緑色に染まるかと思ったら、グリーン系のグレーベージュでした。
色止めは、最初は薪ストーブの灰を
水に入れた上澄み液で煮媒染しました。
再度煮染めしてから、海苔の乾燥剤の石灰で煮媒染。
色がイマイチ出なかったのは、秋口のブタクサだからか…。
花がつく前なら良い色が出たのかも。

ヨモギはグリーン系を染めたくて試してみました。
包丁で切ったブタクサは色がイマイチでなかったので、
ヨモギはミキサーにかけてみました。
火を通さずに染色後、ぬるま湯で溶いた石灰で媒染。
染色時は黄色系だったのに、石灰で緑に変化しました。面白い。
一度の染色で結構好みの緑が出ました。
やっぱ葉っぱをたっぷり使ったのが良かったのかも。
ちなみに、丸玉模様の絞りは10円玉。こちらを参考にしてます。

今回の反省点; 色むらがありすぎ(汗)
・糸をつけて吊るす。
・最初の豆乳での下処理では、
むら無くいきわたるように混ぜ、
脱水は洗濯機。
・染色や媒染時も、液も良く混ぜた上でちゃんと布を攪拌する。
初めてなので、これでムラがなくなるのかどうかも不明ですが、
次回は注意してみようと思います。

キッチンのテーマカラーがグリーンなので、
ヨモギ+石灰を定番の染めにしようかな。
あとは、来春に藍の種を蒔いて育てて、
生葉染めで水色も染めたい。
まともな草木染は今回初めてでしたが、
次の機会には、もうちょっとムラ無く染められますように。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.