湯たんぽ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし湯たんぽ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2010年 10月 26日 (火) 10:41 | 編集
湯たんぽ

薪ストーブを焚くほどでもない、でもちょっと寒い。
そんな日に眠りにつくときは、湯たんぽが活躍します。
これも祖父母の家から持ってきた古いものです。
水漏れがないか確認しながら使ってるけど、
新しいパッキンを買いにいかなくっちゃ。

足元のつま先に置いていますが、黒猫ズが布団の上から
私の足や湯たんぽにどっしり乗ってくるので、
就寝中は猫様用になってます。
重いけれど、猫がいてくれると、それはそれで足元はあったかい(笑)
そして腹巻をして、ハイネックのシャツで寝れば完璧。

薪ストーブの本格シーズンになると、家の中はかなり暖かいので、
湯たんぽは必要なくなります。
1年の間のほんの一時のことなので、
わざわざ購入しようとは思いませんが、
縁あってうちにやってきたものを、こうして生かすってことが楽しい。

Comment
この記事へのコメント
立派な湯たんぽですね。
うちのも同じようなのですが、10年選手程度です。
古いものを大切にするっていいことなのに、どこかで途切れてしまうと叶わなくなる・・・・
「ずっとある」ってすごいことですね。

確かに寒うございます。
我が家では、「もう1回お風呂はいろっかな」になります。
今年は在庫の薪が少ないので、ストーブを焚くのはちょっと我慢。
2010/ 10/ 26 (火) 19: 11: 12 | URL | わらび # B5SeD.06[ 編集 ]
わらびさんへ
祖父母が亡くなった後の廃屋から発掘してきたので、
一体いつ頃のものなのか、どのくらい使っていたのかも不明です。
意外とそんなに古くないし、
10年間も使われていないかもしれません。

『どこかで途切れてしまうと叶わなくなる…』
ホントそうなんですよね。
例えば、鉄筋コンクリートのお城がほとんどの日本で、
松本城が残っていることって、すごいなことだなと思います。
2010/ 10/ 26 (火) 23: 49: 48 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.