革トランク - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし革トランク

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 02月 08日 (火) 13:55 | 編集
今週末に千葉まで電車で行くことになったので、
キャリー付きのトランクを購入しました。
普段は車移動なので、キャリー付きは今まで不要だったのですが、
実家へ戻るのに、電車やバスを利用することが増えそうだし。

急に思い立ったので、スーツケースなんて見たことも無いのですが、
ネットでチェックしても好みの色がなくて愕然としました。
最期はユーラシアトランクとW-ZIPで悩みました。
W-ZIPはキャリーバーの長さ調節が出来ないので、却下しました。
ユーラシアトランクは、キャリーバーの調節無しタイプは安いのですが、
調節ありタイプだと、高い。。。定価23,100円。アウトレットでもちょっときつい。

【キャリー内付。長さ調節あり】【キャリー外付。長さ調節無し】【キャリー長さ調節無し】

左のC8153-48が良いかな。でも、アウトレットでも予算オーバー。
色も選べないし…と踏み切れずにいた所、
狙っていた色のアウトレット品を、楽天よりさらに安くみつけたので、
迷わず購入に至りました。
ヤッター。特に問題があるようにも見えず、良い買い物になりました。
人気商品ということで、バッティング率高そうなのが
私としては気になる所ですが、これ以上探すのが面倒だった(汗)

届いてみての感想。やはりキャリーの長さの調節はあって正解。
それにしても、3.8kgって重い。でも、同じ位のサイズのスーツケースや、
ソフトキャリーも3kg以上なので、やたらに重いというわけでも
ないのでしょうけど。

ユーラシアトランクは、普段は2階のミシンの横に置いて、
布などを入れて、収納グッズとして使うことにします。
日常使いできると言う点も、このトランクの選択理由です。
ちなみにこのミシンはつかってません。太郎祖母の遺品。(過去記事参照
椅子は私の祖父の遺品。そしてアウトレットのトランク。
これは、ポイントサイトで溜まったポイントを換金したお金で買いました。
あぁ、すばらしき貧乏性。

革トランク

追記;
実家に行った使用初日でカギが壊れました。
ほとんど手持ちで、一部駅の構内と歩道のアスファルトを
ちょっと引いただけなので、
どう考えても通常使用範囲内です。

使用後と言うことで、交換対応は無し。
初期不良ということで無償修理(鍵の交換)をしてもらいました。
ショップもメーカーも対応は丁寧で良かったとは思います。
たまたまハズレの初期不良と思いたいですが、
製品そのものの作りに不安が残るのが、正直な所。

追記2;
タクシーの運ちゃんが、持ち手の部分を爪でガリッと傷つけて、
表面がめくれてしまいました。
革とは思えない、ビニールラップのようなペラペラの膜です。
見えている下地を見ても、革っぽくないです。
???本皮製だよね?

学生かばんで皮かばんを使っていたけれど、
持ち手なんて、爪が当たって当然で、
ひっかき傷ならばともかく、表面がベロっと剥がれるとなると、
味わいが出ると言う感じじゃないです。
なんかちょっと、ショック。

Comment
この記事へのコメント
わざわざ千葉までありがとう!
詳しいことは直接メッセージを送るので、千葉にたつ前に見てもらえれば助かるけど…間に合うかしら???
2011/ 02/ 09 (水) 21: 10: 01 | URL | オパール # -[ 編集 ]
オパールさんへ
お久しぶり!
メールしようとは思ってたんだけど、ボケーッとしてました。
メッセージ待ってます~。
2011/ 02/ 09 (水) 21: 24: 35 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.