古代ハス - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし古代ハス

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 07月 25日 (月) 12:06 | 編集
去年行った白州の旅、再びです。
まずは白州のお隣、長野県富士見町にある
井戸尻考古館の古代ハスを見に行きました。
(公式サイトはこちら

朝7:30到着ですが、すでに結構人がいます。
今年は、爪紅蓮と埼玉古代ハスは少々、
大賀ハスがちょうど見頃でした。
2010年と比べると、まだ早かったようです。

爪紅蓮
爪紅蓮とミツバチ

大賀蓮
大賀蓮

大賀蓮全景
大賀蓮全景

ベンチがあちこちにあるので、
そこで握っていったおむすびを食べました。
いいなぁ、ハス。自分の家でも育ててみたい。
真っ赤なトンボと黄色いバッタもいました。

ショウジョウトンボ? ツマグロバッタ?
ショウジョウトンボとツマグロバッタかな?

さて、長野県の井戸尻を後にして、
すぐお隣の山梨県の白州に入りました。
まずはサントリー蒸留所へ。
It's a Wisky time という有料セミナーを狙ったのですが、
セミナー詳細
午前の部は満席だったので、午後を予約。
時間がかなりあったので、サントリーを出て
白州の他のスポットへ出かけることにました。

続く…

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.