諏訪の長い夜 2日目 ②  - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし諏訪の長い夜 2日目 ② 

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 08月 01日 (月) 14:10 | 編集
さて、諏訪の長い夜2日目の後半に入ります。
下諏訪宿を後にして、
同じく下諏訪町にあるハーモ美術館へ足を伸ばします。
以下が感想ですが、■タイトルが、公式サイトへのリンクになっています。
施設の詳細情報は、リンク先を参照してください。
こちらも参考にどうぞ。
15施設の案内パンフレット
15施設の地図


ハーモ美術館
アンリ・ルソーやグランマ・モーゼスなど、
素朴派を中心にした、美術館です。
建物が良かったです。諏訪湖エリアの美術館としては、
一番充実しているように思えました。
オススメです。
3000円で友の会に入ると、会員と同伴者1名が特別展、常設展の入館無料、
カレンダー進呈、ショップで10%オフなど、お得なシステムもあります。
(公式サイト参照 ハーモ美術館友の会
他の美術館もこういうシステムがあれば良いのに!

諏訪湖博物館・赤彦記念館
下諏訪町営の博物館で、伊東豊雄が設計した建物です。

北澤美術館本館
エミール・ガレの名品のランプ、『ひとよ茸』があります。
ちょうどギャラリートークを伺うことができました。
ひとよ茸は、大きさやデザイン違いで、6つ作られたそうです。
ガレのサインが入っているのが唯一諏訪にあるもので、
これだけが、世界工芸100選に選ばれているのそうです。

他にも、命のはかない生物を描いているのは、
輪廻転生、命の永遠性をうたっているとか、
日本の墨絵に影響されているとか、
作品をみただけではわからない話を聞くことで、
ただ見るだけの何倍、いや何十倍も楽しめました。
ギャラリートークは、本当にオススメです!

さて、北澤美術館は、本館、新館、清里と3館ありますが、
アール・ヌーヴォーのガラスコレクションでは、
世界一と言われているそうです。
展示スペースは狭いけれど、収蔵品がすごいってことですね。
ハーモ美術館みたいに会員制度があれば、
入会して、入れ替わる収蔵品をこまめにチェックできるのにー。

サンリツ服部美術館
諏訪の長い夜と、夜間開館が趣旨のイベント期間中でも、
いつも通りに夕方5時閉館で、行ったときにはもう終わっていました。
門の前で時計を見たら、5時10分!!!
くぅぅぅっ。悔しい。ショック。
諏訪湖エリアで、唯一1000円を取るところなので、
今回のパスポートを使って見ることを、
すっごく楽しみにしていたのにー。ガクッ。

去年、茶道具の企画展の時に1度行っていますが、
国宝・白楽茶碗 銘 不二山 本阿弥光悦作
は常設展示ではないため、見れず。
企画展や美術館自体の内容は良い感じなのに、
値段の割りに、展示数がさみしかった記憶があります。
展示物を増やすか、料金を安くしてくれるとありがたい。

諏訪市美術館
温泉施設の片倉館のお隣にあります。
緑の瓦と鉄平石が美しい古い美術館です。
企画展は『諏訪敦』でした。
女性の肖像画の髪の美しさにうっとり。

高島城
鉄筋コンクリートで再現したお城です。
庭とお堀がなかなか美しい。
お城部分は資料館になっていて普段は有料なので、
入ったことはありませんでした。

夕方6時から、入場者プレゼントで、ガラガラと福引をしました。
先着で全員当たるんでしょうか?
私はピンバッジ、太郎は絵葉書セットが当りました。

伊東近代美術館
日本酒の横笛の伊東酒造のお隣の美術館です。
古い建物を改修してあって、すごく良い雰囲気です。
趣があって、オススメ!
別棟への通路や庭の雰囲気に心うばわれました。

帰りは、お隣の酒蔵でお酒を試飲しました。
なかなか好みの味です。
純米吟醸よこぶえ、穂の香、古道を購入しました。
ここを最後に7時を過ぎた所で、諏訪を後にしました。


これで2日に渡った、諏訪の長い夜も終わりました。
15施設のうち14施設を楽しみました。
唯一サンリツ服部美術館だけが、5時閉館だったため、
見そこなってしまいました。本当に残念無念です。

岡谷蚕糸博物館と北澤美術館本館での
ギャラリートークは本当に良かったです。
何倍も楽しくなるなんて、想像してませんでした。
次の機会があったら、他の美術館のギャラリートークも
チェックしたいと思います。

長い夜期間中は、ギャラリートーク以外にも、
各施設でのスペシャルイベントがあったのですが、
イベントサイトを見ても詳細情報が
ほとんどないので、困りました。改善されるといいなぁ。

お気に入りの美術館がいくつかありましたが、
800円や1000円だと、なかなか気軽に行くことが出来ません。
もう少し値下げをしてくれればリピートしやすいです。
ポイント制や会員制度があるのは、
岡谷のイルフ童画館と下諏訪のハーモ美術館でした。
他の美術館も、こういうシステムを導入してくれたら、
何度も通うのですが。。。
実際に、私はイルフには10回以上行ってます。

まぁ、お得という意味では、諏訪の長い夜がダントツですけどね。
皆様もぜひ機会があったら、行ってみて下さい。
おすすめのイベントです。

諏訪の長い夜 1日目
諏訪の長い夜 2日目 ①

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.