花鳥獣の酒盃 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし花鳥獣の酒盃

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 09月 01日 (木) 12:04 | 編集
花鳥の酒盃

獣(鹿?)の酒盃

私の一番のお気に入りの酒盃です。
とっておきのお酒の時にしか使いません。
最近では、太郎の打った手打ち蕎麦(十割)と
鳳凰美田の時に使いました。 (過去記事参照
数年前、骨董屋というか、古道具で見つけて、
一目ぼれして買いました。
生地の色、ニュウの入り方、図案、形、
どれをとってもうっとり。
使い込んだ味わいが、新品には無い良さです。

ひとつは、花と鳥。もうひとつは、鹿?が描かれています。
口の部分の釉薬の取れ方の違いから察するに、
前の持ち主は、鹿がお気に入りだったらしい。
他にも、老人だか仙人の図柄もありました。
裏には、賽山?實山?と刻印があります。

図柄違いで、3つあったわけですが、
予算的に2つで我慢しました。 
骨董、古道具にお金をかけだすときりが無いので、、
安いものしか買わないようにしているのですが、
これはじっくり手にとって見れば見るほどよいので、
日を改めて3つめを買いに行ったら、
もう売れちゃってたんです。がっくり。
2つだけでも買っておいて良かったと思うことにしよう。

古道具や骨董も、我が家では日常のための道具なので、
使い終わって洗って拭く時に、
「長い年月の間に壊れてしまうことなく、
我が家にやってきてくれてありがとう。
今日も無事に使い終わって良かった。」
という気持ちになります。
カタチあるものは、いつかは壊れるので、
それまでのお付き合いを大事にしてます。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.