泥釉七宝の黒猫の帯留 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし泥釉七宝の黒猫の帯留

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 11月 05日 (土) 11:07 | 編集
猫帯留め

伊那のかんてんぱぱホールで、知り合いの方おふたり
(それぞれ竹細工・染織)が、グループ展をやっているので、
昨日ひとりで行ってきました。
そこで、七宝の黒猫の帯留めに一目ぼれしてしまいました。
色使いといい、猫の表情といい、好みのど真ん中。
アウトラインの線は、銀です。
泥釉という七宝で、釉薬を一度焼いてから粉にして、
絵付け?をしているそうです。

これなら、帯留めとして使うのはもちろん、
普段は飾っておけるので、活躍度は高いはず。
太郎がいれば、誕生日プレゼントにおねだりするのに、
太郎はいない…。
ま、太郎からと言うことにして、
当日もらえば良いか、と迷わず購入(笑)

太郎に見せたら、良いね!と気に入ってくれて、
自分でラッピングしてプレゼントにしてくれるそうです。
ネルに似ていると、ご満悦の太郎。
え、私は五郎蔵に見えるけど。ま、どっちも黒猫。
太郎は、プレゼントを探して選ぶ手間が嫌いな人なので、
こういう方がスムーズだったりします。
太郎が選んでくれるプレゼントなら、
なんだってうれしいんだけどなー。
そういうまめまめしさは無い人なので、しょうがない。

他にも白猫の帯留めや、猫の立体の置物や、
普通に艶のある七宝の絵皿など、
猫がモチーフのものが結構ありました。
白猫の帯留めも、すんごくかわいかったのですが、
ここはやっぱり黒猫かなと。
アトリエのサイトはこちら

かんてんぱぱホールでの展示会は、
11月7日(月)までやっています。
午前10時~午後5時 ※最終日3時まで
オフィシャルはこちら
知り合いの方の竹細工と染織もとても素敵でした。
お近くの方は、ぜひ行って見て下さい。

Comment
この記事へのコメント
こんにちは
かんてんパパの展示会には、染織作家の方がお二方いらっしゃいましたかね・・・?

私の知り合いに、同じようにかんてんパパで展示会に参加している方がいるんですが・・・飯島のYさんって言う方です・・・

パンフレットを頂いたんですが、何処かへ・・・^^;
2011/ 11/ 06 (日) 08: 49: 16 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
そうです。飯島のYさんです~。
お知り合いだったのですね。
Yさんは、色々と多趣味な方なので、
顔が広いですよね。
今度は、縄文祭りがあるそうで、お忙しそうです。
タッキーさんとは、祭りつながりですね?
2011/ 11/ 06 (日) 12: 27: 21 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
ほんとに…
大変ご無沙汰しちゃっておりましてw

かわいいですね~
クロワゾネっていう手法に
金属線で輪郭を描いてエナメルで埋めるのがあるんですよ
たぶんそれかな?
2011/ 11/ 20 (日) 18: 53: 25 | URL | nagoo # -[ 編集 ]
nagooさんへ
お久しぶりです~。
クロワゾネって調べてみましたが、
日本で言うところの有線七宝ってやつですね。
それですそれ。
でもこれは、エナメル部分が泥釉というやつで、
不透明でマットな質感なんです。
昔の日本の七宝はこれだったようです。
2011/ 11/ 21 (月) 11: 50: 33 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.