圧力鍋で玄米あずきご飯 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし圧力鍋で玄米あずきご飯

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 12月 22日 (木) 12:06 | 編集
小豆玄米ごはん

11月に購入した圧力鍋クレアでご飯を炊いています。
いままでと同じお米なのに、全くの別モノの
美味しいご飯が炊けるようになりました。
もちもちで甘くて美味しい。

以下、覚書。まだ研究中なので、数字はちょこちょこ変わります。


玄米2合
小豆大さじ山盛り1
水440cc
塩 小さじ1/2

玄米を炊く30分前に洗ってざるにあげておく。
鍋に材料を入れ沸騰したら、
弱火(最小火力+α)にして25分加圧
火を止めて、10分蒸らす。


白米 2合
水 360cc

白米を炊く30分前に洗ってざるにあげておく。
鍋に材料を入れ、沸騰したら弱火(最小火力+α)で6分加圧。
火を止めて10分蒸らす。


微妙な火加減で、仕上がりにかなりの差が出ます。
かなり試行錯誤しました。
沸騰までは、鍋底より1cmほど火の方が小さな大きさ
一般的には、沸騰までは強火とありますが、
小さな鍋なので、実際のコンロ調整では、どう見ても中火の範囲。
加圧時の弱火は、鍋底より1cmほど低い炎の高さ
最小の炎(とろ火)だと、圧力がかからずに生煮え。

※家庭ごとに、標高やコンロの火力が違うので、
あくまでも、我が家の場合の調整です。

今までは、新米を食べても全然美味しくなかったのに、
古古米でもちゃんと美味しいのがうれしい。
ルクルーゼでイマイチうまく炊けないので、
土鍋なら良いのかとも思いましたが、
結局は標高が高くて沸点が低いのが原因なわけで、
圧力鍋にして正解です。
まさかここまで味が違うとは思いませんでした。

ちなみに、お米は地元商店で、地元のお米を
2kg~5kgで計り売りをしてもらっていたのですが、
そこがお店を閉めてしまったので、
これからどうしたら良いのか、困っちゃってます。
スーパーやネットの、お米の値段にびっくりしました。

さて、なぜ電気炊飯器を使わないのかというと、
我が家では電気が無くても、あまり困らない暮らしを
心がけています。
ガスコンロも電源式ではなく、電池式です。
災害時のリスク分散ということなのですが、
実際、うちのエリアは、日本とは思えない位に停電が多いので、
現実的な選択なのでした。

そうそう、今日は冬至ですね。
これから日がのびると思うと、うれしい~。
今回も自宅でキャンドルナイトに参加します。
ゆず湯も、畑で採れたかぼちゃも、今夜楽しむとしましょう。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.