沖縄のコーレーグース - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし沖縄のコーレーグース

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2011年 12月 27日 (火) 12:03 | 編集
太郎の同僚の沖縄出身の方から、唐辛子の泡盛漬けと
チューリップのポーク缶をいただきました。
島唐辛子の泡盛漬けは、コーレーグースっていうのね。
沖縄の食堂ではどこでも調味料として置いてあるそう。
へぇー。初耳。沖縄そばにぴったりなんだ。

速攻で沖縄そばを手配しました。
サン食品の沖縄そば定食セットってことで、
乾麺の沖縄そば2食分と、3合分のジューシーの元が、
セットになってメール便送料込みで500円♪


太郎からのリクエストで、お礼にお惣菜をあげたいということなので、
丁度特売になっていた信州ポークの豚バラブロックで作った
ガッテンレシピのラフテーと、
野沢菜カブの漬物を差し上げました。
独身の彼は外食中心なので、喜んでいただけたようです。ほっ。

最初に見た時、泡盛+唐辛子だけの液体が調味料???
って思って半信半疑だったのですが、
早速、沖縄そばに作ったラフテーを乗せ、コーレーグースを垂らして
いただきました。
泡盛の独特の香りに辛味が最高!美味しい~っ。
いままでこれを知らずに沖縄そばを食べていたのが信じられない。
あぁ、厚木にある沖縄そば屋へ食べに行きたい。
今まで気が付かなかっただけで、コーレーグースがあるのでしょうか?
なかったら、もって行かなきゃ(笑)

サン食品のジューシーと沖縄そばも、気軽に家で楽しめるのがうれしい。
ジューシーには、ラフテーで取り除いたラードを混ぜ込みました。
お酒はもちろん泡盛。我が家の定番は残波です。
中央にあるペットボトルがいただいたコーレーグースです。
こんなにあると、かなり楽しめそうです。ふふふ。
次はマルタケ食品の沖縄そばを注文しよう。

沖縄そば定食

26日の朝は、最低気温がすでにマイナス10℃…。
そんな冬の高原での沖縄そば定食もなかなかオツですが、
沖縄に行って食べてみたいものです。
太郎が出不精なので、夢のまた夢ですけど…。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.