2012鹿肉ロースト - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし2012鹿肉ロースト

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 02月 24日 (金) 12:00 | 編集
鹿肉のロースト

いただいた鹿肉ですが、アイリッシュシチューの次は
ローストにしました。柔らかそうな部位ですが不明。
調理前に肉の香りを嗅いだら、すごく良い香り。
なんでしょうこの芳しい香りは。
やつらは、そうとう美味しいものを食べていると思われます。

去年は日本酒でたたきを作りましたが、今回は赤ワイン
でローストにします。 (去年の鹿肉のたたき
調味液がちょっと違うだけで、手順は一緒。

今回は250gの肉を使いました。
砂糖1:醤油1:赤ワイン0.5の割合で作った調味液に
1時間ほど漬け込みます。
フライパンにバターを溶かし、焼き目をつけた後、
極弱火で25分ほどじっくり焼いてから
アルミをかぶせて15分ほど保温。
太郎がレアは苦手なので、しっかり焼いてあります。

ソースはフライパンに残ったバターに
調味液を加えて煮詰めました。
ぐはーっ。肉はやわらかいし、ソースが絶品。
うまみが凝縮してます。
ニンニクやスパイス類は一切使ってません。
醤油、砂糖、赤ワイン、バターだけでこうなるとは…。
去年は日本酒で作ったけど、赤ワインに軍配。

鹿肉って、臭みがあって硬いから、スパイスで臭みを消した
カレー位しか使えないというイメージですが、
この肉でカレーを作るという選択肢は私には無いです。
今回のように適切に血抜き処理された、
臭みの無い鹿肉は本当に美味しい。

鹿は沢山いるわけですから、付加価値をつけて高級ジビエや
珍味にするよりは、適切に血抜き処理された美味しい鹿肉が、
家庭で気軽に食べられる食肉として
流通するようになってくれると良いのになぁ。
冷凍とかじゃなくてさ。

Comment
この記事へのコメント
賛成、大賛成!

でも、一般人は猟師さんに知り合いもいないし、良質な鹿肉に出会うことはまず不可能です。
都心部にいる人はさらに不利。
なのでこの画像はすんごくうらやましいですぞ。

もっと鹿肉が広く流通すればいいのになあ。
2012/ 03/ 01 (木) 17: 22: 40 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
鹿肉が、広く流通するようになって欲しいですよね。
諏訪地域では、鹿食免振興会なるものがあるようですが、
どうなんでしょうね?
yannさんが以前書いてい茅野の匠亭(信州ナチュラルフーズ)
では、肉が手に入るっぽいです。

でも、それ以前に猟師さん不足らしいですよ。
なんとかうまく回っていくと良いんですが…。
2012/ 03/ 02 (金) 07: 54: 43 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.