湧き水が水道水 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし湧き水が水道水

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 03月 01日 (木) 12:45 | 編集
療法食にしても、手作りご飯にしても、おしっこがつまりぎみのネル…。
ネルの尿結石に水が関係しているのかもと、
水質データを水道課にファクスしてもらいました。
薪ストーブのスチーマーがミネラル分で真っ白になるので、
てっきり硬水なのかと思ったら、
硬度(カルシウム、マグネシウム)は20mg/Lで、
かなり軟水です。えー。そうなの?
そのわりには、蒸発残留物が120mg/Lというのは低くないと思うので、
他の鉱物が多いんでしょうね。なんなんだろう。
検査項目に無いミネラルといったら、シリカとかかしら。

phは7.08でほぼ中性。
水道は塩素を加えるのが義務なのでどうにもなりませんが、
残留塩素は0.3mg/Lなので、塩素臭が気になったことは無いです。
他の数字を見ても、基準値とは桁が違うくらい、
かなり低い数字ばかり。
安全で美味しい水だと推察されます。
ただしこれは我が家の場合で、同じ居住市町村でも、
水源(配水池)が違うと、数字も変わってきます。

うちへ来ている水道の水源は、
3箇所の湧き水から取水しているそうです。
一番上の水源は標高1600m付近なので、
標高差5、600mを下って我が家に来ています。
途中で減圧枡が1つあるものの、水圧が高いわけです。
過去記事参照

我が家の水がどこからどうやって来るのか、
全然イメージできなかったのですが、
居住地では、水道についての詳しいことが、
ネットで公表してあって、調べてみたらすごく面白かったです。
子供の夏休みの自由研究の気分でした。
水源地の写真を撮りに行けば、完璧だわね。


参考までに、昭和59年に厚生省(当時)が設立した
「おいしい水研究会」による基準との比較。

・蒸発残留物 120 (基準30~200)
・硬度 20 (基準10~100)
・遊離炭酸 データなし (基準3~30)
・過マンガン酸カリウム消費量 データなし (基準3以下)
・臭気度 異常なし (基準3以下)
・残留塩素 0.3 (基準0.4以下)
・水温 8月の水温14.5℃ (基準最高20℃以下)


蛇口をひねればおいしい天然水
塩素がちょっと入ってるけど、日本ではともかくとして、
世界規模で見たら、これってすごいことなんじゃなかろうか。

今、信濃毎日新聞では、水源についての連載してます。
水源地の海外資本の買取りや、
地下水の過剰な汲み上げによる影響の危惧など、
問題提起がされています。人事じゃないんですよね…。

Comment
この記事へのコメント
なるほどー。
水って大切ですよね。

うちの江戸の家は、たぶん荒川あたりの水なんでしょうけれど、飲用には使ってないなあ。
なんか、飲む気がしないんですよ。

ネル様、おしっこ詰まりは辛いでしょう。
お大事にね。
2012/ 03/ 01 (木) 17: 16: 33 | URL | yann # GJBsmyG.[ 編集 ]
yannさんへ
飲む気がしないっていうのはわかります。
実家の所沢に帰って飲んだ水道水がまずくてびっくりしました。
昔は普通に飲んでたのになぁ。

お見舞いありがとうございます。
ネルは今のところ元気っぽいです。
元々尿道が細くて出が悪い子なので、
調子の見極めが難しくて困ってます。

2012/ 03/ 02 (金) 08: 02: 57 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.