保存瓶 WECK - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし保存瓶 WECK

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 03月 16日 (金) 12:08 | 編集
保存食を良く作るのですが、保存する容器に頭を悩ませています。
そのまま食卓に出せるものが欲しいのです。
ル・パルフェのダブルキャップジャーは、
25年以上前から愛用していますが、
錆びて蓋の開閉がしにくくなっているのに、
キャップの別売りを今ではしていないので、
新たに買い足す気がしません。(昔は蓋だけ買えたのにー)


琺瑯は、結局欠けてしまうし、
電子レンジには使えないので、使用用途が限られてしまいます。
直火にかけられるって言ったって、固体は無理。
パイレックスなどのガラス保存容器は、
薄手なので、あまり好みじゃない。
そもそも蓋が樹脂の物は、におい移りがあるので×。

耐熱、蓋が樹脂系ではなくしかも別売りで手に入る、
金属の蓋の物は、腐食するので×。
となると、WECKしか見つかりませんでした。
アルコロックのスタッキングボールに
野田琺瑯のバラ売りの蓋や、WECKの蓋が合うかなとも
思うけれど、とりあえず、今回はWECKを買ってみました。

weck

左から、手作り塩麹、ジャムや佃煮、ラッキョウと入ってます。
密閉度、におい移り、腐食、耐久性、洗いやすさ、
食卓に出せるデザインであることなどを考えるとweckで正解。
weckの難点は、サイズのラインナップが微妙なこと。
径が7、8、11センチの3種類しかないのですが、
容量を高さで変えているため、容量がある=深くて使いにくい、
という場合もあったりします。


今回は、モールドシェイプ、チューリップを買いましたが、
他にデコシェイプ、ストレートなど、色々な形があります。
思った通り、使いやすいです。特に80ml のミニサイズが良い!
ちょっと残ったジャムやソース、薬味を入れるのに大活躍。
使用用途に合わせて、別売りの蓋やパッキンを使えるのが◎。
これで、塩気の強いものや酢系の長期保存が出来ます。
でもやっぱり大容量ものは、背が高くて使いにくい…。
高さ15cm以上は、うちの冷蔵庫には入る場所が限られていて、
使いにくいです。くうっ惜しい。

オーブン、電子レンジ不可と書いて
売っているネットショップが多いけれど、
オフィシャルに問い合わせたところ、
耐熱温度差80℃のガラスなので、この温度差内だったら
電子レンジ、オーブン、食洗機の使用可能だそうです。
WECKのレシピ集を製作するにあたって、
オーブン調理等様々に試してみて確認済みだそうです。
昨年末頃より、オーブン等使用不可の記載を除外しているそう。

熱い状態のビンを冷たい流し台に置く、
また冷えたビンに熱湯をかける、というような
温度差80℃以上の急加熱・急冷に気をつけて
使ってくださいとのことです。

amazonの なか見!検索 でレシピ本をちょっと見れます。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.