カイガラムシ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしカイガラムシ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 06月 08日 (金) 11:46 | 編集
ここ数日、ひたすらカイガラムシ退治をしています。
樹高4mほどなので、1回やるのに1〜2日かかります。
これで3ターン目。
見落とし&新たに産卵?があるので、1度では捕殺しきれません。
カイガラムシにエキスを吸われて、
凸凹に痛み黒くスス病になった小枝や、
矮小化した新芽が痛々しいです。

カイガラムシ カイガラムシ

ワタカイガラムシかなにかでしょうか。
成虫?は胡麻より小さい楕円形で、
(画像中央の二股の右側の付け根に1匹)
樹皮と同じ茶〜灰色なので、見落とすなというほうが無理。
白いワタ状の卵?は目立ちますが、ほとんど全ての葉についている上に、
こすり落とすそばからまた産卵?されてしまうので、
これまた完璧に取りきるのは厳しい。
白いワタには時々、押し麦みたいな形のものがついています。
生まれた幼虫か、はたまたメス親なのか。
成虫も白いワタも、色々な角度から見ないと見落とすので、
すごく大変です。

※6月12日追記;新たに、白い粉を吹いた楕円の状態のものを、
新芽と新芽の間に発見!
続;カイガラムシをご覧ください


手や歯ブラシでこすり落として下に落としていたけれど、
デッキが白いワタのロウ物質?で汚れてしまったので、
途中からビニール袋に集めることにしました。
1日の最後は、ホースのジェットで仕上げてます。
1日平均8時間やって、4日間で3ターンやってますが、
これでナツツバキが元気になってくれると思うと
あまり苦になりません。
今年は定期的にチェックして徹底的に捕殺するぞー。
脚立でギリギリ手が届く今しかない。
冬はマシン油でケアしてみようかしら。

夏ツバキは害虫がつきにくいとか、
カイガラムシはさほど影響が無いという情報を
ネット上で見て油断していましたが、うちの場合は影響あるし、
剪定も不要(剪定を嫌う)とあったけれど、
枝が重なりすぎた所は多少はすかした方が良さそう。
木を育てるのもなかなか大変…。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.