駒ヶ根・光前寺の庭園 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし駒ヶ根・光前寺の庭園

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 06月 24日 (日) 18:40 | 編集
信濃毎日新聞で、日本庭園の記事があり、
そこに光前寺の庭園の事も書いてありました。
ちょうど駒ヶ根で用事があったので、光前寺へ寄ってきました。
最近はもっぱら一人旅ばかり。

ここは神社仏閣の中で、一番のお気に入りの場所です。
こちらが内容がまとまっててで見やすいかな。
ヒカリゴケやしだれ桜、早太郎伝説が見所のようですが、
個人的には、その辺にはあまり価値を感じません。
空気と湿度と、光の加減がなんとも心地よいのです。
私にとってのパワースポットという感じ。
ちょうど、ヤマアジサイの始まりで、
白い花がうっすらと青むらさきに色づいていました。
もしかして、これから色が濃くなるのかしら?

光前寺は何度も訪れていますが、庭園は今回が初めてです。
500円で、落雁とお茶付きで、参拝記念の湯のみももらえます。
(…私はもらってこなかったけど 汗)
庭園はちょうど花の季節でした。
入り口部分ではヤマアジサイ、野紺菊?、白糸草、
そして、タイサンボクかなにかの花が1輪。
奥の池のある庭園では、サツキ、ショウブ、コウホネ、
大文字草、ギボウシなどの花が咲いていました。

光前寺庭園

画像ではわかりませんが、バランスよく花が咲いています。
こういう庭園は、日本の風土にしっくり来るので、
ずっと見ていても飽きません。
正直、期待していなかったのですが、とても良かったです。
また別の季節も見てみたい。
相変わらず、画像ではお伝えしきれませんので、
機会があったら、ぜひ行ってみてください。

それにしても、ここは行くたびに、お土産物系のお守りの
ラインナップが増えてます。おみくじもおまけ付きばかり。
土産物屋みたいで、ちょっと興ざめ。
ここに見合った風情あるものの方が、購買意欲をそそられるのに…
なんて思うのは、私だけでしょうか。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.