十割蕎麦 三郷産 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし十割蕎麦 三郷産

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 07月 09日 (月) 12:41 | 編集
十割蕎麦

松本の『ファーマーズガーデンうちだ』で買った、
安曇野の三郷産のそば粉(かまくら屋)を使って、
太郎に十割そばを打ってもらいました。
お酒は、夜明け前の『辰の吟』生酒。

そば粉は500gで650円。
色は黒めで透明感のあるもっちりとした蕎麦になりました。
ただ、粗めに挽いてあるのでつながりが悪く、
短い蕎麦になってしまいました。
香りも風味も良いのですが、
太郎の腕だと十割では打ちにくかったようです。
でも、短くても味の良さは堪能出来ました。
美味しかった〜。

今の所、十割で一番打ちやすいのは、高山製粉の霧ヶ峰。
ただし500gで1,103円と高い。
トータルバランスが取れているのは、
白州の望月農業センターの500gで650円のそば粉。
私好み。
湖東食品の玄蕎麦ひきぐるみも美味しい。

今回は、一人分150gくらいで打ってもらいました。
ざるが大きいのでわかりにくいのですが、結構大盛り。
300gを当日に食べ、残り200gはラップでくるんで、
さらにジップロックに入れて、空気をなるべく抜いてから、
冷蔵庫で保存して翌日食べました。
もちろん打ちたてには負けるけど、意外と大丈夫。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.