盛夏の木曽の旅 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし盛夏の木曽の旅

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 08月 06日 (月) 12:00 | 編集
奈良井宿 松阪屋前

木曽に遊びに行ってきました。
今回は珍しく太郎を助手席に乗せて木曽デート(笑)
まずは、奈良井宿。2年ぶりになりますが、
新しいお店が開いていて、賑やかになってます。
朝ドラの”おひさま”効果なのかな。
朝ドラは見た事が無いので、よくわからないんだけど、
結構人気だったのかしら。
でも、以前と変わらず生活感のある風情は残っているので、
どこかホッとします。

奈良井宿では、杉の森の限定本醸造の生酒と、
松坂屋の桜の塩漬けを購入。
松坂屋さんが変わらないままでうれしいです。

お昼は木曽福島のくるまや本店にて。
2時頃行ったのですが、蕎麦が口に入るまで
1時間以上かかりました(汗)
ざる2枚と、薬味の揚げ玉、とろろ飯を食べました。
とろろ飯は白い御飯に白いとろろです。
そばつゆをかけるのかと思いきや、味がついています。
太郎は、何も考えずかけようとしていたのであぶなかった。

蕎麦は太くて黒い麺です。香りは弱いですが、
新蕎麦前だから、仕方が無いのかな。
つゆとのバランスは良かったです。
我が家のエリアの蕎麦屋からすれば、
味も値段も許容範囲内でした。
老舗の雰囲気を味わえると思えば、悪くない。
次は藪原のおぎのやに行ってみよう。

その後は、七笑の酒蔵にて、『木曽の米から造った純米酒 生酒』
を買いました。以前飲んで美味しかったお酒です。
限定なので買えて良かった。

木曽福島 七笑

さて、最終目的地は、上松の蝸牛です。
竹細工の工房閑の飯島さんのショップです。
注文してあった36cmの草木染の亀甲盛り皿を
受け取りに行ったのです。
太郎に、自分で作れば良いじゃんと言われましたが、
プロのきちんとした仕事の実用品が欲しかったのです。

私が作った物とは、やはり持てるパワーが違う。
玄関に置いてありますが、ワンルームハウスの我が家では、
ダイニングと玄関はつながっているので、
さっと取り出しやすい場所でもあります。

閑の亀甲盛り皿

相変わらず、蝸牛の空間は気持ちよかったです。
飯島さんの細かい仕事にうっとり。
過去記事はこちら 木曽上松の蝸牛


今回の木曽の旅のそれぞれのオフィシャルはこちら
奈良井宿観光協会
松坂屋
くるまや本店
七笑
蝸牛


工房閑の飯島さんは、松本中町の蔵シック館にて、
グループ展をやるので、行ける方はぜひ。

木の匠たち展  オフィシャル
【日時】
 8月24日(金)12時〜18時
   25日(土)10時〜18時
   26日(日)10時〜18時
   27日(月)10時〜17時

【場所】
 松本中町蔵の会館 蔵シック館
 長野県松本市中央2-9-15
 tel 0263-36-3053

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.