私の田舎 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし私の田舎

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 08月 17日 (金) 12:00 | 編集
お盆中は、田舎に帰省した人が多いのでしょうか。
母の育った家が戸越銀座で、
父はずっと上野毛や自由が丘などの借家住まいだったので、
私は田舎が無いんですよねー。
祖父母と父母が川崎に建てた家で私は生まれましたが、
子供時代の私の田舎と言えば、
夏祭りの思い出のある戸越銀座かもしれません。

祖父母の家が八幡様のわりと近くだったので、
毎年、従姉妹達と八幡様のお祭りに行きました。
女神輿に憧れたなー。子供の山車を引くの、楽しかったなぁ。
盆踊りの炭坑節、小学生だったけど、すごく好きだった。
3〜40年前の話です(笑)

祖父の家は薬局で、中庭には確か井戸がありました。
元々ロウソク屋なので、家の裏が小さなロウソク工場でした。
母屋は急な階段に黒い床板の古い家で、
掘りごたつのある居間は、四畳半くらいです。
そこで塩をつまみに、松竹梅を飲む祖父。
お酒臭い顔で、私にほおずりする祖父がイヤだったのですが、
まさか、自分が酒臭い大人になるとは(爆)
遺伝子って恐ろしいわー。

私が大学生の頃にビルになり、今では手放してしまったので、
戸越銀座が、子供時代の思い出になってしまったのが、
本当に寂しい。いまもそのままに古い家が残っていたら、
どんなにうれしいだろう。
田舎に帰省すると、昔のままの家と風景がある人が
うらやましい。

当時の思い出の品。我ながら、物持ちの良さに感心する。
ケロヨンとサトちゃんです。薬局の2大スター。
サトちゃんはM.Pの刻印(モダンプラスティック社製?)で
高さ14cmくらい。

ケロヨンとサトチャン

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.