エピペンと救急時の対応 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしエピペンと救急時の対応

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 08月 28日 (火) 12:00 | 編集
太郎がハチに刺されて、急激な血圧低下という
わりと危険なアナフィラキシーショックを起こしたので、
過去記事参照
エピペンというアドレナリンの注射を携帯する事になりました。
アレルギーによる、急激な血圧低下や、気道閉塞を防ぎます。
以前は、保険適用外だったのですが、
最近保険適用になったそうです。
有効期限が1年なので、1年ごとに買い替えます。

エピペンは、血圧の異常上昇、脳出血などの
副作用がでることもあるので、
むやみに注射はしない方が良いそうです。
ハチにさされて痒みなどの初期の症状が出てから、
エピペンを太ももに自分で注射して、
時間稼ぎをしつつ病院へ行きます。

以下、太郎が薬剤師と相談したシュミレーションです。
私がいれば、私が運転して病院へ連れて行きます。
太郎が一人だったら、まずは車にとび乗り、
自分で運転して、痒みなどの症状が出たら、
車を止めてエピペン注射。
うまくすれば病院までたどり着けるし、無理そうなら、
そこで救急車を呼びます。
私がいない時に、1匹じゃなくて複数のハチに刺された時は、
最初から救急車を呼んだ方がよいのかもしれない。
まぁ、ケースバイケースということなのでしょう。
一人の時やエピペンを持っていない時に刺されたら、
とりあえず救急車を呼んだ方が、確実な気はします。
最近は、救急車内でも、アナフィラキシーショックの処置が
できるようですし、
消防署が車で5分の所にあるので、そこは安心。

でもね〜肝心の救急病院に少々の不安あり。
研修医しかいないので、今回の処置もイマイチでした。
2回目のアナフィラキシーショックですって問診票にも書いたのに、
蜂に刺されたのが単純に2回目というだけで、
アナフィラキシーショックの状態ではない、と思い込んでたらしい。
まぁね〜。倒れてからでも処置は間に合うんだろうけど(汗)
次からは、太郎も私も、きっちりアナフィラキシーショックであると、
しつこいくらいにアピールした方が良さそうです。
点滴の投薬も、これ、一緒に使って良いのかな〜と言ってたんだって。
だ、大丈夫なのかしら。
医者には過大な期待はしていないとはいえ、ちと不安。

こういう病院なので、次回も気を引き締めておかなくては。
私もアレルギー体質なので、呼吸、意識、気分が悪くないか、
チアノーゼが出ていないか、一応経過をチェックしていたのでよいけれど、
普通の人なら、そんなことわからんのじゃなかろうか。
太郎いわく、酔っぱらった状態と似ていてまともに思考出来ず、
質問してもらえれば、答えられるけれど、
自分の状態を自ら伝えるというのは、難しかったらしい。

そんな太郎の表情や状態は、
私があれこれ質問することに腹を立てて、
顔を真っ赤にして怒っているようにしか見えず、
椅子をけり倒して怒鳴り出しそうな勢いのオーラでした。
実際はアナフィラキシーショックの症状であって、
怒ってた訳じゃなかったんですけどね(汗)

さて、血圧低下時の実際の会話はこんな感じ。
saki「診察室ひとりでいける?」
太郎「行けない」
saki「どうして?」
太郎「目」
saki「目がどうしたの?」
太郎「見えない」

え、そりゃーヤバいでしょ。
私から聞かれなくても、ちゃんと自分で言ってよ〜!!!!
後日確認したら、血圧低下で、脳に酸素が行かず、
思考力が鈍ってたらしいです。
それホント〜?あなた、普段からこんな感じですけどー。
自分じゃ言えないので、次回もあれこれ質問攻めにして欲しいと
頼まれました。しょうがないなぁ。
普段、そんなことやったら、太郎がぶち切れるので、イヤなんだけど(笑)

Comment
この記事へのコメント
その病院、運動公園の上にある病院ですか? 
2012/ 08/ 29 (水) 09: 24: 40 | URL | コタ # -[ 編集 ]
コタさんへ
そうです。
ここへ来た11年位前は、個人的には今よりも良い印象で、
安心して診てもらえたのですが、
今は研修医や派遣医師ばかりになったせいか、
様子が変わったように思います。
もっとも、自分が年を重ねたため、自分より若い人の
頼りなさが気になるようになっただけかも知れませんが(笑)
医師も看護師も忙しすぎて大変なんだろうなぁとは思います。
2012/ 08/ 29 (水) 10: 01: 30 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
ウチのカミさんはそこの看護師です。外来ではなく病棟ですが。医師の出入りは結構多いようです。市内の開業医は殆どこの病院からの独立です。前医院長のメディアや本により作ったイメージと現実のギャップが大きく、その歪みが色々と出ているようで、現場はその影響が出ているのでしょう。それでも外来は病棟と比べたらよっぽどまともだそうです。救急時はどうしてもこの病院に運ばれることになりますが、その救急の対応が頼りないところはありますね。
2012/ 08/ 30 (木) 13: 00: 46 | URL | コタ # -[ 編集 ]
コタさんへ
奥様があそこで働く看護師さんなのですね。
お世話になってます。
医師の出入りが多いと、看護師さんも大変そうですね。
メディアの影響により、理想(理念)と現実のギャップが、
より大きくなってしまい、弊害が出るのもわかる気がします。
現場はキツいだろうな〜というのは想像に難くないです。
でも、研修医が多いっていうのは、患者側としては不安…
というのが正直な所。特に救急では。

大きな病院は、いくつか行った事がありますが、
ここの雰囲気は良く、好きな(笑)病院なので
がんばってほしいな〜と思ってます。
2012/ 08/ 30 (木) 13: 58: 57 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.