2種類のバードフィーダー - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし2種類のバードフィーダー

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 12月 22日 (土) 12:00 | 編集
巣箱バードフィーダー

一晩でこれだけ雪が積もりました。
我が家にはバードフィーダー(鳥のエサ台)が2種類あって、
雪があるシーズンだけひまわりの種をあげています。
上画像は巣箱?の形をしているので、雨でも雪でも大丈夫。
下画像は、屋根はついているものの、雪に埋もれちゃいます。
まぁでも、開放型が好きな子もいるので、
やっぱ両方あるとベストな気がします。

雪のバードフィダー

鳥は思ったより頭が良いので、冬なるとここに餌があると
ちゃんと認識していて、積雪シーズンの少し前から、
催促にやってきます。餌を置くようになったとたん、
餌台を置いた木は、小鳥で鈴なりになります。

そして、私が害をなさないとわかっているので、
デッキで竹細工の作業中でも
(=鳥からすれば竹の棒を振り回してる)
私の1m横の餌台に食べにきます。
そこまで慣れるもんなのね、驚き。

やってくる鳥は、主にシジュウカラ。他にヤマガラ、ゴジュウカラ。
他の野鳥は、地面に落ちたひまわりの種をついばんでいます。
今朝は、ホオジロが群れで来ていました。

鳥が窓ガラスに当たる事故があるので、
窓にはステッカーを貼っています。衝突事故はかなり減りました。
こちらのステッカー 高い 汗)
同様に衝突事故防止に役立ちそうなサンキャッチャーを、
ステンドで作ろうとも思ってますが、それはまたそのうちに。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.