鹿のたたき - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし鹿のたたき

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 01月 11日 (金) 12:00 | 編集
鹿のたたき

昨日の続き。2013の最初の鹿料理はたたき(ロースト鹿)です。
厚さ2cm、幅5cmの大きさくらいのブロックを使います。
レシピはこちらの一番上部リンクの鹿料理レシピから。
調味液の量や加熱時間を少々変えて、ソースは私流。

材料:鹿肉500g 酒50cc  醤油100cc みりん100cc 
   バター、赤ワイン 適量
今回は3ブロック位使って500gになりました。
調味料を合わせた調味液に肉を1時間くらい漬けます。
簡単な配合なので、液が足りなければ足します。

バターたっぷりのフライパンで焼き目をつけ、
そのあと、バターをまわしかけながら極弱火で20分焼きます。
私はしっかり熱をかけたいので、様子を見ながら蓋をしちゃいます。
加熱時間を5分10分延ばしても可。不味くなることはない。
※ただし火加減が少しでも強いと、こんがりと焼き上がると思われる。
火を止めたらアルミホイルをかぶせ、15分保温。
そして肉を薄く切り分けます。

バターの残ったフライパンに赤ワインと調味液を適量加え、
煮詰めてソースを作ります。盛りつけて完成。わさびも合います。
1日寝かすと熟成するのか、翌日の方が柔らかく美味しい。

うぉうっ。絶品。しかも簡単!
肉のコクがあるからローストビーフより美味しい。
人参もコスレタスも自家製無農薬。ジャガイモはお隣の畑のもの。
調味料とガス代以外は0円のごちそう(笑)

ワインもいいですが、日本酒の生酒も合うのよ〜。
シングルモルト白州12年のスモーキーな香りともピッタリ。
食卓の上には、赤白ワイン、生酒、白州、山崎と5本のボトルが並ぶ(笑)

ロースじゃなくてもこんなに美味しいのは、
血抜きが上手い上に、鹿肉が冷凍物じゃないからかも。
以前買った冷凍の外モモ肉は、
肉の香りと肉質がここまで良くなかったから、
たたきにしようとは思わなかったもんなぁ。
(全部ジャーキーにした)

他には薄くスライスして、かえしにつけ込んだ竜田揚げも一皿。
マヨネーズに七味を振って横に添えます。あぁ美味しい♪
誰にでも食べやすい味です。薄くスライスするのがポイント。
かえしは、醤油とみりんと氷砂糖を煮つめて、冷蔵庫に常備してます。
一般的には、醤油と砂糖とみりんで下味をつければ良いと思います。

うー。この美味しい鹿のたたきと竜田揚げを、
鹿肉は美味しくないという人に食べて欲しい。
鹿肉の消費拡大を狙うなら、ジビエとしてあれこれ手を加えて、
高級料理にするより、こういう料理が手軽で良いと思うんだけどな。

まだまだ続く鹿肉料理♪次は塩麹アイリッシュシチュー

Comment
この記事へのコメント
遅ればせながら、おめでとうございます。
(もう鏡開きになっちゃいましたが…)

なんて美味しそうな鹿肉!
彩りも良くて新鮮…お金じゃ買えません〜〜。
いわゆる高級料理なぞには興味ないけど
Sakiさんのおウチゴハンにはいつも興味津々です。笑

今年は勢いで駒ヶ根応募してみようと思ってます。どうなるか…まずは通知をもらってからの話ですが〜。
またお会いしたいです♪
2013/ 01/ 11 (金) 15: 59: 27 | URL | Kamico # 9L04N2QU[ 編集 ]
Kamicoさんへ
あけましておめでとうございます。
野のものを食べる機会が多いのは、
山に住んでいて良かったと思うわ。
なにせ食いしん坊だから(汗)

駒ヶ根に出店出来ると良いですね。
絶対に行きますよ♪
2013/ 01/ 12 (土) 10: 48: 05 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.