諏訪湖でワカサギ釣り - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし諏訪湖でワカサギ釣り

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 02月 12日 (火) 12:00 | 編集
穴釣り

諏訪湖でワカサギ釣りをしました。
ドーム船ではなく岸釣りです。
釣りは太郎担当なので、準備は全ておまかせ。
11日は小雪と強風で、なんの罰ゲームかと思いました。
最初は、湖上で穴釣りをと思ったのですが、(上画像)
警察の巡回が来ると怒られるそうなので、
岸からの穴釣りに切り替えました。(下画像)
右の穴は、太郎がつるはしで空けてました。お疲れ。

岸からの穴釣り

漁券が一人1000円なので2000円。
釣れたのは小さいのが28匹。1匹71円の高級魚になりました(汗)
晩ご飯のおかずに足りない!と思っていたら、
なんとお隣で釣っていた方が下さいました。そちらは71匹。
合計99匹のワカサギを入手出来ました。
やった!ワカサギ丼が作れる♪
お隣さんどうもありがとう(涙)

今回の教訓。竿のチョイスが大事。
手持ちの竿を5本試しましたが、
アタリがわかるのが、一番長い竿で、
それしかまともに釣れなかったです。
短い竿なら良いだろうと思いきや、
ワカサギ用じゃないとダメなのかもしれません。
あと、おもりが軽すぎてもダメ。
餌は紅サシを使いましたが、良く釣れていたお隣さんは、
赤虫を使ってました。その日のコンディションで
食いの良い餌が違うようです。

太郎は渓流釣りをやるのですが、ワカサギ釣りの方が
難しいし大変だと言ってました。
暗いうちに家を出て、林道の最上部に車を止め、
日の出とともに道のない渓流を釣り上がって、
尺超えのイワナをホイホイ釣っては、
リリースする本格スタイルなので、
どう考えても渓流釣の方が大変そうだけどね。
ちなみに、今は渓流釣りを全くやりません。
以前住んでいた伊那の渓流は最高だけれど、
今のエリアの渓流はそそられないんだって。
裏の川でイワナ釣れるのに、理解出来ないこだわりです…。

寒くて辛かったけど、楽しかった♪
ワカサギ釣りは今回の教訓を生かしてリベンジする予定らしい。
今度は晴れた日でお願いしますよ。
下画像は前日10日の諏訪湖ヨットハーバーの流氷。
この日は晴れて無風だったのに…

諏訪湖ヨットハーバーの流氷

Comment
この記事へのコメント
うわっ! 雪が過ごすぎ。 上の写真も含めて、やっぱり信州の雪は深いな〜〜〜〜と感動。(住んでいる人にとっては寒いですね〜〜〜)  ワカサギつり、楽しそうですね。 ワカサギ丼もとっても美味しそうです。 (っていうか、 ワカサギ丼と言う存在を知りませんでした) 諏訪湖は放射能大丈夫なのかな?  ワカサギ釣りが好きな人は、殺到するのでしょうか?
2013/ 02/ 13 (水) 17: 35: 45 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
今年は例年より雪が多いのですが、信州の中では少ない方です。
諏訪は放射能は大丈夫のようです。放射能は目に見えないから困る…。
ワカサギ釣りは殺到というほどでも無く、ほどほどな感じです。
何しろ寒いし、漁券が1000円なので、スーパーで買った方が安い(笑)
2013/ 02/ 13 (水) 17: 53: 16 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.