スカイロケットを植えられない? - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしスカイロケットを植えられない?

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 04月 05日 (金) 12:03 | 編集
庭の植栽を思案中なのですが、スペースが無いエリアで、
目隠し的にスカイロケットやブルーアロー等の
細長いビャクシンの仲間のコニファーを植えようとしたら、
梨やリンゴの赤星病の原因になるようなのです。
参照1)(参照2
ヤマナシやリンゴ系の物を植えるので、
ビャクシン系は避けた方が良さそう。

ビャクシン系以外で、細長いコニファーというとこの辺?
コノデガシワ・コリンズゴールド
ニオイヒバ・デグルーツスパイアー
ニオイヒバ‘エメラルド’
ニオイヒバ‘グリ-ンコ-ン’
あと、細長く仕立てたイチイ。
でもイチイは、葉を鹿に食べられちゃうからなぁ。

それにしても、スカイロケットとハナカイドウ(リンゴ系)って、
普通に一緒に植わってそうだけど。
そもそも、病気がうつる範囲が、1.5kmから2kmって(汗)
もっとアナウンスした方が良いんじゃ…


どちらも普通に売ってるし、普通に植わってるよね…
仲間のイブキなんかも一般的に植わっているらしいし、
グランドカバーで最近ハイビャクシンもよく見かけるので、
庭に植えなくても、どこかから赤星病の胞子が飛んできそう。

追記;
植木屋さんによると、洋物のコニファーのビャクシン系なら、
赤星病の心配はほとんど無いとの事。
また、果樹の場合、ビャクシンがあろうと無かろうと、
赤星病にならないくらい消毒をガンガンしないといけないからね。
と言ってました。ほほー。そういうことか。
まぁ、うちは消毒なんてしないので、ビャクシンを植える勇気はないけれど。
あ、うちくらい高冷地だと、スカイロケットは向かないそうです。
ニオイヒバのエメラルドに決まりそう。
でも欲しい2mサイズが見つからない。思うようにいかないわ。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.