七賢の劉伶と手打ち十割蕎麦 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし七賢の劉伶と手打ち十割蕎麦

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 05月 05日 (日) 12:00 | 編集
十割手打ち蕎麦

七賢の劉伶と、太郎が打ってくれた十割蕎麦です。
やっぱ蕎麦には吟醸生酒だな。
蕎麦粉は道の駅白州で買った、望月農業センターの石臼挽き。
値段、味、打ちやすさの3拍子が揃っているので、
今の所は、一番気に入っている蕎麦粉です。
工房閑の亀甲ざるが36cmと大きいので(オフィシャル
少なく見えますが、一人前の蕎麦粉は140gで打ってます。

それにしても久々の手打ち蕎麦。大晦日以来です。
太郎に月2回は打ってとお願いしているんですけどねぇ。
蕎麦粉の用意も、かえし、出汁、茹でるのも私なのですが、
段取りとってあげないと蕎麦を打ってもらえません。

今回は、かえしのみりんにこだわってみました。
諏訪のくらすわで買った、信州産もち米100%の養命酒のみりん。
確かに廉価なみりんとはひと味違います。美味しい。
もうちょっと、手頃な値段だと良いんだけど、
よく考えれば日本酒程度の値段なので、
消費量からすると、リピート出来る価格帯かも…。


Comment
この記事へのコメント
美味しそうなお蕎麦ですね!

昨日は、駒ケ根と伊那の蕎麦屋を二軒ハシゴした後、上松の「蝸牛」に立ち寄ってきました。
2013/ 05/ 05 (日) 16: 47: 36 | URL | そばの横好き # XFDgHaK2[ 編集 ]
そばの横好きさんへ
太郎なんて、どう見てもこだわりとは無縁で、
適当に打ってるようですが、蕎麦粉が良いとそれなりに食べられます。
蕎麦屋のはしご、良いですねー。
蕎麦の細道には、丸富とこやぶ竹聲庵が書かれていましたね。
どちらも少しお高めなので、1度しか行った事が無いです(汗)
伊那に10年ほど住んでいたのですが、
もっぱら街中のこやぶ本店で、とろろざるを食べてました。

蝸牛はオープン日から賑わったようですね。
私は出不精なので、行く日はいつになるやらです。
2013/ 05/ 05 (日) 18: 01: 34 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.