山賊ダイアリー - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし山賊ダイアリー

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 05月 09日 (木) 14:23 | 編集
山賊ダイアリーという漫画を買いました。
『漫画家でありながら猟銃所持許可・狩猟免許を持つ
作者自身の経験を描いた実録風漫画』です。wiki参照

うちの辺で鹿が増えすぎて困ってます。
野良猫を見るより、シカを見る方が多い(汗)
直接的な実害としては、畑、花壇、庭木を荒らされます。
周囲の森の木々は、樹皮が剥がされて痛々しい。
それは我が家のみならず、この辺りの共通の問題で、
シカは駆除対象の害獣になっています。

でも、鹿肉って不味いと思われていて、
食べられる事無く捨てられちゃう事も多いようです。
我が家は適切に処理された鹿肉を、猟師さんに分けてもらいますが、
これがとても美味しいのです。
命をいただくということを身近に感じて、猟に興味を持ちました。
で、山賊ダイアリーという漫画の存在を知って、買ってみた訳です。
淡々と書かれていて、興味深いです。


いずれ猟をやりたいという主人公に対し、
デート相手の女性が、「最悪!動物を殺すなんて野蛮!」って言うんですよね。
主人公は「君だって肉食うだろ」女性「牛や豚は別!」
みたいなやりとりが…。
まぁ私も、ここに住んでなかったら、猟に興味なんて抱かなかったと思うわ。

あとは狩猟期間は冬なので、やたら寒そうです。
1巻では、狩猟免許をとるまでの話と、鳥がメインです。
鳥をどうやってさばくのか知れて良かった。
鹿やイノシシの猟も知りたい。2、3巻で出てくるでしょうか。
知りたかった事が結構書いてあって、面白かったです。
この漫画をきっかけに、猟師さんが増えてくれるといいなぁ。

追記;
あ、鹿の解体の動画あった。(リアル山賊ダイアリー
解体の途中からですが、苦手な方は見ない方がよいです。
私は、スプラッタやホラーは大嫌いで絶対に見ませんが、
こういう生活に直結してる部分では平気という…。
うちに来た鹿肉もこうやって切り分けられて来たのかぁ。
シカがいて、猟師がいて、調理して食べる私がいる。
その流れの末端にいるって、ありがたいことです。

Comment
この記事へのコメント
私、自分は肉を食べないのですが、 ソーセージとか干し肉づくりとか、見るのが大好きです。この間友達が羊を潰して干し肉作っていました。私は解体見なかったのですが、是非みてみたかった。 そういう長年にわたって受け継がれていた人の営みに、興味があるのです。 命を頂いて自分の命をつないで行くこと、 その過程にすごく惹かれます。 人間としての自分の存在に、単純なその暮らしの仕組みに触れられると言うか。 この本とっても面白そう。そのうちsakiさんも猟銃持つようになる? 
2013/ 05/ 11 (土) 15: 38: 19 | URL | tom # -[ 編集 ]
今回の母の改装を見ていても、 イタリアの家の改築・修復を見ていても、 家作りって案外単純な作業の積み重ねであること、 プロでも雑な仕事をする人は沢山いることが分かりました。 そしたら結局は、自分でしっかりと勉強して自分でやるのが一番信頼できるかも? と。私にはもうそんな元気と時間が無いけれど(爆) 20年前ならやったかも。   
2013/ 05/ 11 (土) 15: 41: 00 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
tomさんのコメントがまさに私が思っていた事です。
猟に限らず『長年にわたって受け継がれていた人の営み』に興味あるのです。
猟だって、原始時代から続く立派な文化ですから、
人類が自然と対峙するための知恵が詰まってると思うんですよねー。
だから、tomさんのブログのお年寄りのチーズやお酒作りの話もすごく面白い!
これからも楽しみにしてます。

建築に関しては、プロでも雑な人は沢山いますね。
大らかというか、大雑把というか…。
もちろん、まともな職人さんもいますが、
日本人は職人気質というのは、しょせんイメージの世界なんだなー
と思う事もしばしば(爆)

自分で勉強して、自分でやって、多少うまくいかないことがあっても
あきらめがつきますが、
お金払ってプロにやってもらって不満が出ると、
本当にガックリ来ますよね。
自分でやるのもいいですが、男性陣を上手くおだてて、手の上で転がして、
良い物作ってもらえたら一番いいのになぁと思ってます。
tomさん、イタリア帰ったらがんばって下さい!
2013/ 05/ 11 (土) 16: 21: 47 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
あれ、 sakiさん、次へのコメントも、一緒にここに欠いてしまいました^0^
そうそう、 うまくおだててての上で転がしていい物つくってもらえたらうれしい!^0^ 
がんばりま〜す! (ってなにを? 美容に気をつける??) 
2013/ 05/ 11 (土) 22: 38: 02 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
2つめのコメントは、 DIYへのものだったのですね。納得。

男性を手の上で転がせる女性のお手本がいないので、困ってるんですよー。
やっぱお手本がいてくれないと。
び、美容でなんとかなるんでしょーか。太郎は無理そうです…。
2013/ 05/ 12 (日) 18: 26: 20 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.