電気柵設置 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし電気柵設置

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 06月 10日 (月) 12:00 | 編集
電気柵

鹿対策の電気柵を設置しました。畑は約190坪、外周約100mです。
何しろ、野良猫より鹿の方が身近という土地柄です。
対策をしないと鹿にとって我が家の畑は、
オーガニック野菜・無料食べ放題レストラン
と化します。半年かけて育てた収穫直前の1500株の大豆が、
たった1晩で丸裸になったことも…

鹿の柵は、一度目はワイヤーと髪の毛、
(髪の毛効果無し、鹿がポールごと倒して破壊)
二度目は約5万円で黒いネット(鹿が引っかかって破損)
今回の電気柵は3度目の正直です。
一般的なのは緑のネットですが、あれはちょっと…。

集落と森との境もずっと金網が貼ってありますが、
1カ所でも破損して出入りが可能になれば、
全く意味ないですし、そもそも民家近くの森に住んでいる鹿は、
柵の外にいます。
猟で獲っても焼け石に水という感じで、ため息が出るばかりです。
ちなみにつながれた犬が吠えた所で、全く効果ありません。
実害が無ければ、鹿もかわいいだけの動物なんですけどね。

さて、電気柵ですが、電気は数秒ごとに流れます。
触るとビリっと来るので鹿よけになります。
確認した太郎曰く、静電気の痛いヤツ×5という感じだそうです。
電源はソーラーパネルも検討しましたが、
電気代はわずかということで、100Vコンセントから取ってます。
タイマーを設置して、夜の間だけ通電させます。
家の電気とは別系統なので、料金は後日わかるでしょう。

本体とワイヤー等メインの物は、電気柵プロショップ「FAR夢」で購入しました。
電話で問い合わせると、色々と相談に乗ってくれます。
こちらで扱っていない漏電対応コンセントは楽天の他ショップにて、
ガイシやタイマーはホームセンターで購入しました。

<電気柵の必需品!>危険表示板

<電気柵の必需品!>危険表示板
価格:298円(税込、送料別)


・ファー夢合計 31,978円
  (木柱用ガイシ25個入×1・バラ48円×13個)
・漏電ガード送料合算 2930円
ここまで楽天で購入アフェリ先参照

・その他ガイシ68個 3,924円
  (50個入2,880円・バラ58円×18個)
・デジタルプログラムタイマー 1,480円
・ポールは再利用、木柱は端材でタダ


合計40,312円

電気柵は太郎担当の畑なので太郎が設置しましたが、
私担当の庭の花壇には、ウルフピーを設置してます。

ウルフビーを設置して一ヶ月だけど、今の所庭は無事。
8500円もするので、太郎には値段言ってません。
庭にネットや電気柵を張る訳にも行かず、
藁にもすがる思いです(柵の中の囚人暮らしで良ければ別 爆)
というわけで、過去の黒ネットと合わせて鹿対策で10万円。
地区ごとレベルとか、広大な農地の場合は補助金出るけど、
家庭菜園だと全部自腹…くうっ。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.