ミツバチの巣箱 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしミツバチの巣箱

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 06月 14日 (金) 12:03 | 編集
去年の4月に、友人から日本ミツバチの蜜蝋を頂いたので、
去年のGWに、太郎が日本ミツバチの巣箱を作りました。
(蜜蝋が巣箱作るのに必要なのです)
太郎よ、やる事一杯あるのに、これ以上やること増やして
どうすんのよ…。
とは言え、せっかく太郎が作った巣箱に全く入る気配がないので、
私がキンリョウヘンという、日本ミツバチが好む高額のランを
買って来ましたが、去年はさっぱりでした。

そして、今年の春、西洋ミツバチが出入りしてます。
日本ミツバチも庭にわずかに採蜜にやってくるのですが、
巣を探す専門のミツバチに見つけてもらって、
気に入ってもらわないとダメなんだそうです。
キンリョウヘンは今年は花芽はつけていないし、
日本ミツバチは無理っぽいです。

ミツバチの巣箱

西洋ミツバチ

箱が汚れているのは、蜜蝋をこすりつけたからです。
このまま西洋ミツバチが入るって事はあるのかしら。
太郎が刺されなきゃ良いけど…。
採蜜に来たミツバチと巣のそばで警戒しているミツバチとでは、
攻撃性が違うだろうし、
出来れば、攻撃性のより低い日本ミツバチに入って欲しい所。
なにせ太郎は蜂毒アレルギー。アナフィラキシーショックで
入院した事もあるので、刺されたら即病院に連れて行かねばならない私は、
神経を使います。
太郎本人は相変わらずのんびり構えてるのが、
また困っちゃうんですが。

花畑状態

ミツバチ用にクローバーを刈る事無く咲かせてます。
手前から、蜜の無いカモミールもどき、クローバー、
家際の水色はフラックスです。お花畑♪
この3種でミツバチが採蜜してるのは、クローバーのみです。
西洋ミツバチがせっせと蜜を集めてる姿はかわいい。
思わず話しかけてしまう(笑)

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.