梅雨の庭 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし梅雨の庭

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 07月 03日 (水) 12:00 | 編集
ノハナショウブと睡蓮鉢のミソハギ

今年の7月の標高1000mの高原は、
しっとりと降る雨では肌寒く、
かといって、少しでも日が射せば
蒸し暑くなるので、
毎朝何を着れば良いのか困ってます。

雨はちょうど良い感じなので、
庭の花が雨に濡れて美しい。
日本の梅雨もなかなか良いな、
と思えるような庭が好き。

***
トップページ画像を差し替えました。
去年、鉢に植えたノハナショウブが咲き始めました。
買ったときはもっと淡い色でしたが、
今年はいかにも花ショウブという感じです。
この小ささが可憐で好き。
5月のジャーマンアイリスドワーフに始まり、
6月のアヤメが終わった後にショウブが咲くので、
この手の花が絶える事無くてうれしい。

睡蓮鉢の植物はミソハギです。
もう少しすると、濃いめのピンクの花が咲きます。
水の中には、メダカ2匹と生まれて1ヶ月位のベビーメダカ1匹、
小さめのマツモムシが泳いでます。
メダカがもっと生まれるように、ホテイアオイを浮かべました。
親メダカやマツモムシから逃れ、増えてくれると良いけれど。

ムラサキツユクサ
バスコートのムラサキツユクサ

アナベル

去年株分けで頂いたアナベルが大株になりました。
画像はそのほんの一部。
勝手に生えて来たクサソテツとコケで、
この北庭は、本当に良い雰囲気になってくれました。
梅雨時の美しさを堪能するための庭です。

ヤマアジサイの鉢もあるのですが、枯っぽい枝が気になって、
春咲きにほんの少し剪定したのが悪かったのか、
ほとんど花が付いていません。
花が終わる時の剪定以外はいじったらいけなかったらしい。
来年は咲いてくれるかなぁ。
ガーデニングって、結果を見てから1年後の話になるので、
ホント気が長くなります。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.