トマトの保存食 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしトマトの保存食

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 09月 12日 (木) 12:03 | 編集
今年はトマトがイマイチ不作です。
原因は、酷暑なのにがっつりビニールで覆ったままで、
温度が上がりすぎたことでしょう。
途中で太郎にトマトが茹だってダメになってるから、
ビニールの側面を取ってとお願いしたのですが、
風が入ってビニールが飛ぶから…という理屈で、
申し訳程度に足元のビニールが外されただけで、無視されました。
あのー。
蒸し風呂状態で現段階ですでにトマトさんが逝っちゃってるのに、
いつ来るとも知れない強風の心配が優先ですか。そうですか。
言うとケンカになるので、黙ってましたが…。

トマトの瓶詰め

さて、例年よりかなり少ないトマトですが、保存しました。
酢漬けとピューレです。
酢漬けは、黄色いのはイエローアイコ、赤いのはシシリアンルージュ、
ピューレは調理トマトのルンゴです。
全て脱気してあるので、冷暗所保存で2、3年は持ちます。
保存食って本当に美味しいです。災害時も役に立ってくれるはず。

酢漬けのレシピは横山タカ子さんの「トマトのとにかく瓶詰め」です。
冬の肉料理に添えるのですが、瓶の中で熟成されるのか、
生トマトとは別物のゴチソウになるのです。

ピューレは、今回2本、先日2本と合計4本しかありません。
今年は10本も無理な感じです。
ピューレは湯剥きをしてざく切りにした後にある程度煮てから、
種を取るのにムーランを使いましたが、
やはり何を裏ごしするにしても、
刃の下に具を押し込むのが面倒すぎます。
去年は(参照)皮がいけなかったのかと思いましたが、
今年も大変だったわ。
滅多に買い物では失敗しないのですが、これは使えない…。


結局は、種は最初の段階で取り除くのがベストという結果になりました。
ムーランはブラックベリーの種取りでも、同じく押し込むのが面倒すぎる上に、
果汁が濁ってしまったので、いつも通り漉すはめになりました。
(なるべく透明な果汁が欲しいのでさらし布で絞ってます。)
うーん。ムーランの使い道が無い…。

Comment
この記事へのコメント
保存食
ジャムも脱気すると常温保存可能なんですよね。

我が家の場合、収穫物がないので、杏ジャムだけ季節に
少し作るだけなので、冷蔵庫に保存して。これが予想外に
場所を取るので来年は脱気にチャレンジしてみたいです。

トマトの酢漬けもおいしそうで、試してみたいです。

保存食があると安心というか気持ちが豊かになりますね。

余り保存食を作らないけれど、食い意地の張っている私は
いざという時のために2週間くらいは食いつなげるように
狭いアパートに食品保存中。
乾物や缶詰が多くて、自分で作るのは梅干しだけなんです
けどね(^^;

2013/ 09/ 13 (金) 12: 33: 13 | URL | アルフ # i9vITAnQ[ 編集 ]
アルフさんへ
脱気はシロップ漬けでもなんでも行けるので、オススメです。
アンズのシロップ漬けも良いですよー。
うちは、保存食の置き場にも困っていて、食品庫が切実に欲しいです。
梅干しを作るんですか!すごい!

災害時等を考えると、食料保存って大事だと思います。
備えあれば憂い無しですものね。
2013/ 09/ 13 (金) 13: 14: 10 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.