秋の森の恵み - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし秋の森の恵み

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 09月 25日 (水) 12:09 | 編集
きのこ

キノコが採れました。去年は茸採りをしなかったので久々。
アミタケ(茹でて紫にならないのでアワタケか)、
ジコボウ、シロヌメリイグチが収穫出来ました。
ヤマナシも今年はかなり拾いました。これで1.5kg。
キノコはキノコ鍋に。ヤマナシはワインに浸して香りを移します。

ヤマナシ

さて、キノコやヤマナシ以上に収穫出来たのはゴミです。
我が家は、森に入る時にはゴミ袋持参です。
地元の方々が、黒マルチ、農薬のビン、
家庭からわざわざ運んで来て空き缶空き瓶などを
捨てて行くのです。
ここに住んで10年以上経つので、森がだいぶ綺麗になりました。
クマザサ刈りもやってます。
下草も刈られて綺麗になった森は、
ゴミが捨てにくいので、新たに捨てて行く人をまず見なくなりました。
クマザサに負けていた山野草も復活しています。

あとは、欲張って採らない。自分たちの食べる分だけが基本。
採りすぎても問題にならないほど豊かな森ならともかく、
我が家が入るような身近な里山では、
皆が欲張れば絶えてしまいます。実際タラの木は絶えました。
コシアブラも危険。
我が家は、山菜やキノコが不作の年には森に入りません。
不作なのに採り尽くされた状態を見ると心が痛みますし、
わずかに残ったものを見つければ、採りたくなるのが人のサガ(汗)

搾取するだけじゃ、いずれ森からの恵みは終わる。
と自戒して、森の神様にバチを当てられないように、
自分たちに出来る事をやっていこうと思ってます。
わざわざ話し合わなくても、太郎も進んでやってくれるので、
助かります。(家の事はかなり言わないとやってくれないのに 笑)
川沿いに急激に入って来たオオハンゴンソウも、
なんとかしないとヤバそう…。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.