ヤマナシワイン - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしヤマナシワイン

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 09月 30日 (月) 12:10 | 編集
ヤマナシワイン

廉価な白ワインに山で拾ったヤマナシ(アオナシ)
の香りをうつしたヤマナシワインです。
(画像のものは炭酸で割ってあります)
フレーバーワインと言う感じでしょうか。
すぐに飲めるしフレッシュな香りが楽しめるので、
我が家では、ホワイトリカー漬けよりもこちらを作ってます。
ホワイトリカー漬けの過去記事はこちら

ヤマナシ

今回のレシピはこちら。
ヤマナシ750g
砂糖100g
安い白ワイン900cc
洗浄用安ブランデー少々


ヤマナシはスポンジの固い方で良く洗います。
ここで水分をしっかり拭きとるのがコツ。
ブランデーで洗ってから、ひたひたの白ワインに浸します。
うちは梅酒のビンを使いました。
ブランデーもワインも、安酒でオーケーです。
砂糖を加えて、1日寝かせて完成。
実を除いてビンに詰めて冷蔵庫で保管します。
ヤマナシの香りがうつって美味しい!
このヤマナシワインは保存性はかなり低いと思われるので、
なるべく早く飲み切ります。

ホワイトリカー漬けと違って、ワインはアルコール度が低いので、
水分や汚れは厳禁です。
漬け込むビンなどもアルコール消毒して注意しないと、
雑菌が繁殖して、雑巾っぽいにおいになります(涙)
実をブランデーで洗うのも、気休めな気もしますが雑菌対策で、
今年初めてやってみました。

半割にして漬け込むと、香りと酸味が良くうつりますが、
かなり濁るので、珈琲のドリッパーで漉しますが、
漉しても少々濁りが残ります。
丸のままだと、濁りませんが風味があまり溶け出しません。
味は実を割った方が断然ウマい。

今回は砂糖が多くて甘すぎましたが、炭酸で割ると美味しい!
保存性を考えると、砂糖が多くて正解なのかも。
このフレーバーワインを作る果実は、
ヤマナシ以外でも、香りは良いけど
食べても美味しく無い果実なら良さそうです。
ハナモモの実とかどうなのかなぁ。

太郎愛飲の激安ブランデーと今回使用の安ワイン

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.