むろ・ピクチャーウィンドウ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしむろ・ピクチャーウィンドウ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2013年 12月 16日 (月) 12:00 | 編集
むろ

今朝はいよいよ−10℃まで下がりました。
去年も寒かったけど、今年も寒そうだ。
さて、家の中はどこも暖かく、
床下収納も保存食や買い置きの品で一杯なので、
太郎に頼んで畑にむろを作ってもらいました。
幅45cm、長さ90cm、深さ45cmで、
厚さ50ミリのスタイロで壁を作ってあります。
全部スタイロだと蒸れそうなので、底面は土のままです。
蓋はスタイロを1枚内蓋に、さらに2枚重ねで外蓋。
上に合板を置きました。太郎よ、蓋多すぎなんじゃ…
さて、うまく保存出来るのか、取り出しやすいのか。
一冬越してみないとわかりません。

2014年追記
画像ではワラが敷いてありますが、
裸のまま野菜を入れた方が良かったです。
ワラ、籾殻、ビニール、新聞紙などで野菜を覆った所、
周囲がスタイロで覆われているため、
唯一呼吸する土が隠れて通気性が悪くなってしまい、
カビや腐りの原因になりました。
ケースバイケースだとは思うのですが…。

使ってみると深くて使いにくいのですが、
ここは寒すぎで浅いと凍るかも、と思うとしょうがないかな。
普通の寒冷地なら、こんなに深くなくてもいいし、
スタイロの壁もいらないかも知れません。


ピクチャーウィンドウ

冬の間、夕方は晴れていれば、
雪で白くなった山が毎日桃色に染まります。
窓がいっぱいある我が家ですが、
この階段の窓の切り取った風景が一番好きかも。
薪小屋を建てるとき、この風景を見たいがために、
低めにしてもらいました。
ちょっと見えている薪小屋も絵になるように。
風景を壊さない
便利でも無いし、住みやすい訳でもないこの土地を選ぶのだから、
田園風景とそこに見合った家並みの雰囲気が
気に入って買うのだろうと思いきや、
なぜか街の団地になりつつある今日この頃。
このピクチャーウィンドウの風景もいつまで持つか。
Comment
この記事へのコメント
いよいよ本格的な冬到来ですね。野菜のむろ、いい考えです。 うちも来年は作ってみようかな。 去年はザックに葉っぱごと入れて分厚く巻いて外に置いておいてほぼ一冬持ったのですが。土の中の方が絶対にいいと思います。  
コトリもいっぱい来てくれるといいですね。
(街並については、本と・・・・・  この辺りの人もそうです・・・・・でもうちの場合は、 こういう古い家に代々住んで、その生活から逃れるために新しい家を建てているので、 意味が違うかもしれませんが)
2013/ 12/ 19 (木) 23: 56: 34 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
むろはうまく行くと良いのですが、まだ実験段階です。
保存食だらけの暮らしをするとわかっていれば、
建物付属で食品庫を作ったのにぃ。
ここで暮すまで、保存食とは無縁だったのです。

家の見た目が合わなくても、ランドスケープというか、
外構や植樹のデザインでなんとでもなるので、もどかしいです。
イタリアの新しい家々はどうなのでしょう?
雰囲気を壊さないような工夫はなされているのでしょうか?
まさか石の家の横に、日本ではありがちな、
工業製品みたいな新建材の冷たい家ってことは無いですよね…
2013/ 12/ 20 (金) 08: 29: 38 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
はははは、そのまさかです。 石の家に未だ住んでいる人達も、 外回りを全てコンクリートで閉ざしてペンキを塗っています。それか、 石作りの家は住みにくいので、それに建てまして普通の新建材のお家を建てて住んでいる人が多いです。 見た目とか関係なく、機能しか考えていない場合がほとんどです。 石作りの見た目を大切にした改築は、つい最近のことです・・・・ 哀しい。    特にうちの村は、 まだ人が住んでいる村なので、 石作りの昔の村の周りに新しい(つまらない)家を建てて住んでいますよ。  今度、 うちの土地の向こう側の家の写真をとってのせてみようかな?   まあ、誰もいない打ち捨てられた村ではない所が、気に入って(kumatoさんは特に)いるので、 いいのですが。 前住んでいた所は打ち捨てられた村を改築して、 ほとんど外国人が買い取って奇麗にしたので、とっても素敵ですが、逆に言うと土地の人達はいないので、ちょっと特殊な環境でした。 
2013/ 12/ 22 (日) 07: 36: 40 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
えぇぇぇ。コンクリートにペンキ!新建材の家?!
ヨーロッパ、しかもデザインの国と言うイメージのイタリアでもそうなんですか。
せっかくの雰囲気がもったいないです。
そうそう、つまらない家。なんか哀しい。
美しく、快適で、心地よく、機能的。両立するのになぁ。

2013/ 12/ 22 (日) 14: 01: 39 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.