薪小屋 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし薪小屋

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 01月 09日 (木) 12:00 | 編集
薪小屋

標高1000Mの高原の1月。
雪が多く無い地域とはいえ、
やはり雪は降ります。
すでに最低気温は-14℃まで下がり、
予想通り厳し冬になりそうです。

ワンルームハウスなので、薪ストーブ1台で
家の中はどこも暖かく快適ですが、
薪を大量に使うので、薪小屋に
せっせと薪を溜め込んでいます。

***
トップページ画像を差し替えました。
薪小屋は大体出来ているのですが、
薪が全て入って、物置の取手が付けば完成かな。
画像では4ブロック見えてますが、右にもう1ブロックあり、
奥行きは、薪が3列入ります。
壁際にも1列の薪置き場があるので、かなり溜め込めます。
全部入れば、2年分くらいにはなるのかな。
冬が半年もあるので、かなりの量が必要になります。
折りあらば書いていますが、薪は乾燥が第一。
暖房費0円なので、気兼ねなく暖をとれるってすごくありがたい。

薪ストーブ・アンコール
薪ストーブはバーモントキャスティングスのアンコール(触媒タイプ)。
無くなる前に補充しちゃうのでよくわからないけど、
左に置いてある薪で、多分24時間分くらい。
本体は、先週に太郎がポリッシュで綺麗にしてくれました。
吹きこぼれなどでシミやサビが出ていたのが新品みたいだー。
手軽でおすすめです。(2011年記事参照

ストーブ下のネル
薪ストーブ下をのぞくとこんなことになってます。ネルのお気に入りの場所。
ヒートシールドがあるので熱くありません。
ごくまれに3匹でギュウギュウになってることも。
燃える萌える。

Comment
この記事へのコメント
すっかり遅くなりましたが…
明けましておめでとう御座います。昨年末はSakiさんの記事のおかげで、プロジェクションマッピングをちょっとだけ覗いた気分になれました。
ありがと〜!

今年も読み逃げが多くなっちゃうかも知れませんが、楽しみに拝見してます。
宜しくお願いします。

(ストーブの裏の猫団子想像して、萌え〜。。)
2014/ 01/ 09 (木) 22: 09: 53 | URL | ちゃたろう # 8s9CqtUk[ 編集 ]
ちゃたろうさんへ
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、ちゃたろうさんのブログを今年も楽しみにしております。
そちらの地域情報はあまり知らないので、へぇーという情報が多くて助かります。
2014/ 01/ 10 (金) 09: 43: 36 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
こんばんは
多分、ご挨拶してないですよね

明けましておめでとうございます

そちらはすでに氷点下14℃ですか!
我が家の真冬の最低気温並みです!まだまだ寒くなりますね、

やっぱり、しっかりしたストーブは燃費がいいんですね!
自分とこのダルマストーブは、十畳程の空間を暖めるのに、倍位は薪がいりそう・・・

もっとも、断熱なんて何も入っていない小屋なので、燃費云々のレベルではないですけど・・・(^^;

本年もよろしくお願いいたします
2014/ 01/ 10 (金) 23: 22: 19 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
たったこれだけの薪で24時間とはびっくり。 しっかりした密な薪ですね。 何かの角材の端材? 結構大きそうなお家なのに、この小さなオーブン一つで間に合うというのがすごいです。 省エネですね。
2014/ 01/ 11 (土) 07: 18: 47 | URL | tom # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
2日の日にご挨拶頂いてますよー。
伊那谷もそこまで下がりますか?
せいぜい−10℃くらいだと思ってました。

だるまストーブはそんなに燃費が悪いんですか?
薪を用意するのが大変そうです。
確かに断熱材無しは厳しいですよね。
伊那の古い借家では、ファンヒーターをどんなにたいても、
室温が5℃までしか上がりませんでした(涙)
2014/ 01/ 11 (土) 10: 04: 34 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
tomさんへ
柱などの家の構造材の木っ端です。大体10センチ角くらいの感じです。
太郎が家の構造材を加工する工場に勤めてるので、
持って帰って来てくれます。
ベイマツなので、ナラなどに比べると密度が無く、
火持ちは良いとは言えないんですけどねー。
薪ストーブが高性能だからだと思います。

立体空間としては、80畳分のワンルームハウスです。
薪ストーブ1台で行けるって、多分すごいとは思います。
2014/ 01/ 11 (土) 10: 25: 34 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
鹿と猪
ステキな薪小屋!
うちはまだ五右衛門風呂ですので、当然薪がストックしてありますが、間伐材なのでこんなに揃っていません。なので、うちに遊びに来る野郎共のノルマは疲れるまでの薪割りです
誰も来ない時は自分で割りますけど(笑)

昨日鹿肉と猪肉が到来いたしました。猪は牡丹鍋、鹿はそぼろ、ロースト、そして竜田揚げにも今回は挑戦してみようと思ってます!
2014/ 01/ 11 (土) 21: 40: 51 | URL | 半蔵 # -[ 編集 ]
半蔵さんへ
お風呂も薪だと、体がよく温まりそうですね。
でも、薪割りが大変そう。お疲れさまです。
うちは、太郎の仕事関係で、柱材の薪です。
鹿肉と猪肉ですか!牡丹鍋いいですねー。うらやまし。
2014/ 01/ 12 (日) 16: 24: 01 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.