鹿のやつめー - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし鹿のやつめー

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 02月 21日 (金) 12:00 | 編集
鹿の足跡

雪が積もって、鹿の食べられるエサが無くなったらしく、
やつらめ、北庭のイチイを齧りました。
玄関前のイチイは、すでに丸はげでしたが、
この北庭のイチイは石垣上なので今まで無事だったのです。
今回は雪が足場になって上りやすかったのでしょう。
剪定して大事に育てていたので、腹が立つ。

とりあえず、ウフルピー(狼のおしっこ)を雪に撒いておきました。
340ccで8000円って、絶対に買えない高級ウィスキーレベルの液体を、
雪に撒くのはなかなか勇気がいります。ナゼにおしっこがこんな値段(涙)
本来はケースに入れて吊るして使うのですが、凍ってダメなのよー。
なにせ、ここ10日ほど−10〜−14℃と安定して寒い。
昨夜は来なかったけど、この先も大丈夫なのかどうか…
一応、暖かい時期はケースで吊るして効果ありました。



Comment
この記事へのコメント
はじめまして!
毎日、訪問させて頂いています。
イチイの何処を齧ったのでしょうか?
樹皮なら、なんともありませんよね。
枯れることはありません。
ぼくは札幌在住です。
北海道では、イチイを「オンコ」といいます。
2014/ 02/ 21 (金) 22: 02: 14 | URL | ヒロシ # -[ 編集 ]
ヒロシさんへ
ヒロシさんはじめまして。
毎日ですか!ありがとうございます。
北海道でオンコと言えば木彫りですよねー。
うちのフクロウの木彫りもオンコだったような。

大きなイチイなら、ヒロシさんのおっしゃるとおりだと思うのですが、
せいぜい2m位の若木なので、全体の8、9割の葉がむしられてしまいます。
こうなると、光合成が厳しいようで、
どの家も若いイチイは、樹勢がかなり弱まって枯れそうになってます。
若木の間は対策は必須ですねー。
2014/ 02/ 22 (土) 21: 17: 58 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
Sakiさま、こんばんは!
「鉄瓶 湯垢」でググって、画像検索でSakiさまのブログに出会うことができました。
ライフスタイルは知性そのものです。とても素敵で感心しています!
忌々しいシカですね!
北海道でも農作物や森林に被害が多いらしく、駆除しています。
絶滅したオオカミを野に放つ必要があるように思われます。
捕獲したシカは食肉として利用しているようです。
北海道では庭の主樹はオンコです。
気候のせいか松柏類は少ないようです。
庭木のオンコは態々樹皮を剥いだりします。
オンコは床柱に使ったり、碁盤にすることもあります。
2014/ 02/ 24 (月) 01: 16: 31 | URL | ヒロシ # -[ 編集 ]
ヒロシさんへ
オオカミが絶滅した事は、本当に残念ですね。
鹿の食害がひどく、ここの住むようになってから対策にお金と頭を使ってます。
鹿ネタは今までもたびたび登場してますが、頭痛いです。
他にも、野ネズミやハクビシン、アナグマにも、畑と庭をやられてます…

外国からオオカミを導入するより、まずはベアドッグのように、
鹿や野生動物を追い払うために、
利口な犬を放し飼いに出来たらいいのになーと思ってます。
そもそも、それが本来の犬の仕事(笑)
飼い犬なら、狂犬病などの伝染病がコントロール出来ますし。
もっとも、防御のみではなく鹿の数を減らさないと意味ないのですが。
鹿は食べて美味しいので(暮らしコンテンツ参照)どんどん食べたいのに、
うちの辺りでは、牛肉より高かったりします。
2014/ 02/ 24 (月) 10: 53: 38 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.