最近のトパ様 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし最近のトパ様

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 06月 23日 (月) 12:00 | 編集
我が家に来て5年半のトパ様。
黒猫兄ちゃんズとは仲良しだし、家は気に入っているようで、
幸せそうに暮らしていますが、人間にイマイチ懐きません。
すり寄ってくる事も無いし、シャーシャー言ってます。
最初はそっとしておきましたが、
それだと家庭内ノラ状態なので、積極的に慣らしてます。
年数とともに徐々に慣れて来ていますが、
ここ数ヶ月でまた一段と慣れてくれました。

ブラッシングが大好きなトパーズですが、
以前は追いつめてとっつかまえて、
お風呂場に連れて行っていました。
ところがここ数ヶ月のトレーニングの成果があって、
最近は、寝床にいるトパ様をさくっと抱いて、
お風呂場に連れて行けるようにまでなりました。
き、奇跡です。下画像が寝床。
未だにシャーとは言いますが平気です。
前はここに近づくだけで逃げていたので……

寝床のトパーズ

さて、そのトレーニング方法ですが。
食事中のトパーズを撫でると言う、
普通の感覚からしたらやっちゃいけない方法です。
元々餌は手から食べるのですが、
撫でさせては貰えません。
そこで手から食べる時に、トパーズが触れる位置に、
あらかじめ空いている方の手を置くようにしました。
すると、トパーズみずから私の手にぶつかるような感じになります。
最初は警戒していましたが、段々慣れて来て、
最近は撫でても平気になりました。
半年くらいかかったかなぁ。
こうでもしないと慣れてくれないので仕方ない。
ホント、あの手この手で色々試してます。

おやつを食べるトパ
寝床から出て来て、PCをいじる私の横でおねだりして、
おやつのクリスピーキッスを食べます。
いつでもあげられるように、パソコンデスクに入ってます。

最近では、ヒンヒンと甘えた声も出して、
おねだりするようになりました。
なぜかニャーとはなかないのよねぇ。
五郎蔵を見習って、声を出して要求する事を覚えたらしい(汗)
そのうち、擦り寄ってくる日が来たりして。

太郎は、無理矢理っぽいこういうやり方に難色を示しましたが、
トパ様の様子では、受け身のままだったら、
慣れる事はまずなかったでしょう。
だって、トパーズにとっては、餌と寝床はあるし、
遊び相手の猫もいるので、人間と関わる必要性は無く、
家庭内ノラ状態でも本人(猫)は何も困らないんだもの。
狭い部屋だったら、嫌でも人間といなきゃいけないけれど、
60畳のワンルームハウスだから、家庭内ノラも余裕。

でもね、一緒に暮らしている以上、
私たちが害をなす訳ではないと理解してもらわないと困るし、
病気になった時のことも考えると、
手を打たないわけにはいかなかったのです。
撫でくり回したいがためにトレーニングをした訳じゃないです。

ここまで5年半、長かったわー。
五郎蔵も慣れるまで2年くらいかかったかな。
五郎蔵は、自分から撫でてーと来ておいて、
撫でていると不意に手に噛み付く癖があったんですよ。
血がピューって出るほど強く噛むので、革手袋で撫でてたもん(汗)
自分からうちに居ついた子なのに、人間に対して
やはり何らかのトラウマを抱えてたんでしょうね。
何しろどの子も安心しきって暮らして欲しい。
あなたに仕える下僕であるニンゲンを、
恐れる必要は無いのですよ、トパ様。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.