砥石 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし砥石

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 07月 09日 (水) 12:15 | 編集
竹の道具、包丁、など合わせて15本程をたまに研ぎます。
20年前の技術専門校では、カンナを毎日研いでいたので、
当時はそれなりにできましたが、今は全くダメです。
包丁ならなんとかなっても、相手が硬い竹を削る竹の道具は、
トホホな状態です。
先生は竹の刃物はそんなに削れなくても良いと言いますが、
先生のそんなにというのは、私のうんと研いだ刃物のことになります。
そもそも、力や握力が無いので、
適当に研いだ刃物じゃ竹は削れないのよ。
まともに研げるようになるのはいつの日か。。。
とりあえず使っている砥石。

砥石

左上から時計回りに、荒い順に。
150番と600番の両面の安物のダイヤモンド。これはイマイチ。
上中央・ダイヤモンド500番。上右・ダイヤモンド800番
この2つはたしかそれなりにするやつで、裏押しに使ってます。
本来は金盤でやるんだけど、太郎がこれで良いって。ホントか?

下段右と下中央・キング砥石1000番。中砥。
砥面を直しながら使うので2枚あります。
下左はキングの仕上げ砥石。何番だっけな。
天然の仕上げ砥石も持っていますが、普段は使ってません。

状況に合わせて、あれこれ使い分けて四苦八苦してます。
本当はこまめに研ぐ事が鍛錬になるんだけどさ、面倒なのよねぇ。
そして腕が上がらないので、ますます面倒に(汗)
ホント、色々が亀の歩みな自分。ま、性格なのでしょーがない。
ばあさんになる頃にはこの性格が少しくらい改善されてますように。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.