ござ目編みの竹籠 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしござ目編みの竹籠

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 08月 08日 (金) 12:00 | 編集
ござ目編みの竹籠

ござ目編みの竹籠が出来ました。
竹を取りに行く所から自分でやっています。
花見に持って行けるように作りました。
これに重箱と日本酒4合ビンと、
網代のおむすび入れを入れて持って行くのだ。
土付き野菜の収穫カゴにはちょっともったいないかな。
普段は、ポット、ストール、お菓子、ipad、携帯スピーカー
を入れて、ドライブに使おう。(カフェとか入らない 汗)

これが今年1つめの竹細工です。7ヶ月もかかった。ふぅ。
月2回しかない教室で、3回行けなかったので、
余計に時間がかかってしまいました。
竹細工教室に通うようになって、
今年の6月で、7年目を迎えました。
マイペースでやらせてくださる先生なので、
楽しく続けられています。
唯一遠いのが難点かな。往復4時間近くかかりますが、
最近は運転がこたえるようになってきました(汗)

さて、次は何を作りましょう。
冬前に竹を取りに行ったら、
叔母に贈る網代のカゴを作る予定ですが、
それまでは、在庫の竹でなんとかしなくては。

Comment
この記事へのコメント
すてきですね!
長い時間かかって編み上げた自分だけの
竹籠、本当にすてきですね。
時間が経つとまた色が変化して味が
出てくるのでしょうか。

私は少し時間はできたものの、まだ
何もできずに毎日が過ぎて行きます。

これじゃあいかんと思いつつ、
元々ぼんやりしているので、あまり
苦痛に感じない(笑)でおりますが。

台風の被害は大丈夫でしたか。
今日の東京は強風。午前中、用事で出かけたら
日傘がひっくり返りました。
2014/ 08/ 11 (月) 12: 33: 21 | URL | アルフ # i9vITAnQ[ 編集 ]
アルフさんへ
お褒めいたいてありがとうございます。
もっと手が早ければ、青竹の青々としたところからスタートになるはずですが、
手が遅いので、だいぶ青みが抜けてしまいました。
飴色になるのはいつの日でしょうか。楽しみです。

私もぼんやりする事に慣れているので、
ヒマで苦痛ということはほとんど経験した事が無いのです。
何もしないとそのままで終わってしまうので、
ブログを書いたり、習い事には休まず通うようにしています。
そうじゃないと、本当にヤバい生活です(汗)
習い事はおすすめです。

こちらも昨日は強風で、傘をさすのは無理でした。
トウモロコシやヒマワリが倒れたくらいで、
大事にはならずホッとしています。
2014/ 08/ 11 (月) 17: 27: 00 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
Sakiさん、

今回の竹籠も本当に素敵ですね。いつもこの作品を拝見するのが楽しみで。。。
竹を取るところから始め、こういう形になるまで7か月ですか。。。長い時間をかけて丁寧に作られるのですね。Sakiさんの作品には、Sakiさんの天性の才能を感じます。遠くの教室に通うのは大変でしょうが、ぜひ続けて、また素敵な作品をアップして下さいね。私の楽しみのために。。。(笑)

台風、標高1300弱の我が家の周りは、結構倒木がありました。幸い我が家は大丈夫だったのですが、今日、散歩をしていたら、電力会社の人が電線に引っかかった小枝を撤去していました。ニュースで被害があった地域の映像を見ると、停電も断水もなく、幸運だったと思いました。
2014/ 08/ 11 (月) 22: 26: 25 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
そうですね、私も教室は出来る限り続けようと思います。
初めて作るものなので、先生に教わらないとわからない事が多く、
教室の無い時には作り進められることが限られているため、
時間がかかってます。特に私は手が遅くて。
プロなら3日もあれば出来るんじゃないでしょうか。はは。
量産体制にすればさらに数は作れるしょうし。

うちのあたりは、幸い倒木も無く助かりました。
停電になっても不思議じゃなかったですよね。
ただ、BSアンテナが風で動いてしまい、BSが見れなくなり直しました。
それにしても、この数年は異常気象で災害が増えましたね。
備えに注意するようになりました。
2014/ 08/ 12 (火) 00: 07: 43 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.