クレマチスモンタナとブラックベリーの誘引 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしクレマチスモンタナとブラックベリーの誘引

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 09月 03日 (水) 12:21 | 編集
クレマチスモンタナ・ルーベンスの誘引をしました。
春先から比べると驚くほど繁っています。
冬が終わった時に誘引のやり直しが必要になるので、
その時の仕事がやりやすいように、
蔓がメッシュの裏側に回らないように仕立てています。
根気さえあれば誘引のやり直しはいつでもできるので、
やってみて結果待ち、ダメならやり直しという感じで
やっていこうと思ってます。実践あるのみかなと。

薪小屋のモンタナ
薪小屋はびっしりで、繁りすぎな気がします。
ルーベンスなのですが銅葉っぽいです。
下側が黄色くなっているのは、真夏前の水不足かなぁ。
⇩2013年5月。1年3ヶ月前はこれだけ。恐るべしモンタナ。
クレマチスフェンス1


玄関のモンタナ
こちらは玄関先のルーベンスです。
右側は成長の遅すぎる朝顔のグリーンカーテン。
ここは脚立を使って誘引しているので、ちょっと手間です。
花が無くても葉っぱが美しくていい感じ。
蔓を綺麗に誘引できたら、葉の落ちた後も楽しめそう。
まだそこまでのスキルはありませんが、いつかきっと。


誘引したブラックベリー
ブラックベリーの誘引もしました。
棚からはみ出て地面を這っていたので、
切ってしまおうと思ったのですが、
ふと思いついて枕木の支柱に誘引してみました。
ちなみにこの枕木は物干の支柱です。(参照

ブラックベリー棚
デッキの高さに抑えてブラックベリー棚があります。

ブラックベリー
肥料も薬も一切やっていませんが、毎年たわわに実ります。
毎朝太郎が熟した実を摘むので、ほとんど黒いのがありませんが、
ブラックベリーと言う名前の通り黒い実がなります。
うちのは種が大きいので、生食やジャムには向きません。
ワインボトルに6本ほどのジュースが取れます。

蔓ものは、あっという間に蔓がのびるので、
誘引はしょっちゅうチェックしています。
庭仕事ってこまめにやらないといけないのよね。
庭を作りはじめてかなり経ってから知りました。
毎日コツコツも面倒ですが、手に負えなくなった庭はもっと面倒。
今日も、クラブアップルの葉の一部が無い!
と思ったら、モンクロシャチホコという毛虫がどっさり。ひぃぃぃっ。
気がついて良かった。あやうく丸裸になるところでした。
ちなみにこの毛虫、食べると美味しいらしい。
ザザムシ、蜂の子、イナゴは好きだけどさすがに…

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.