北庭の9月の花 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし北庭の9月の花

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 09月 17日 (水) 12:03 | 編集
最低気温が10℃近くまで下がるようになりました。
今朝は11.5℃。
あと1ヶ月半もすれば、霜が降り氷が張るので、
庭の花や畑の野菜が楽しめるのもわずかです。
今日は北庭の宿根草から。

レンゲショウマ
レンゲショウマ
後ろにワレモコウがちらほら。

ノコンギク?
ノコンギク 
レンゲショウマの株元に咲いています。

秋明菊
秋明菊
後ろはアナベル。

大文字草(口紅)
大文字草(口紅)
大文字草はもう1種類ありますがそちらはまだ。
こぼれ種で小さな芽が1つ。増えるのが楽しみ。

カクトラノオ
カクトラノオ
増えて増えて困るので抜きまくってます。
これは北西のボーダーガーデン。

後は、イワシャジンと白い秋明菊が咲けば、
北庭で咲く花は終わり。
10月の終わりか11月になった頃に株元に藁を敷いて、
5月の春を待ちます。本当に冬が長い……
冬が好きじゃないと、ここには住めません。
私は冬、好きです。元々インドア派ですし、
雑草取りと庭仕事から解放されてぼけーっと過ごします。
もう冬の話?!という感じですが、
今から段取りをイメージして準備しておかないと、
あっという間に冬になって慌てるはめになるのです。

先週末から、ギャラリー蝸牛の展示会の
三手三様が始まりました。(参照)いつ行こうかしら。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.